スペイン紙が選ぶアジアのベストイレブン 日本から最多4人、中国からも1人選出=中国メディア

サーチナ / 2019年10月15日 9時12分

写真

中国メディアは、スペインメディアが選んだアジアサッカーのベストイレブンで、日本人選手が4人と最も多く選ばれ、中国人選手も1人名を連ねたと報じた。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は13日、スペインメディアが選んだアジアサッカーのベストイレブンで、日本人選手が4人と最も多く選ばれ、中国人選手も1人名を連ねたと報じた。

 記事は、スペインの日刊スポーツ紙・マルカが先日、アジアのベストイレブン投票を行ったと紹介。投票には約1万5000人のサッカーファンが参加し、各ポジションの人気選手が選出されたとしている。

 GKはオーストラリアのマシュー・ライアン選手が選ばれた。DFは日本の長友佑都選手、吉田麻也選手、ニュージーランドのウィンストン・リード選手、カタールのペドロ・コレイア選手の4人、MFは日本の柴崎岳選手、久保建英選手、韓国のキ・ソンヨン選手の3人、そして、FWはカタールのアルモエズ・アリ選手、韓国のソン・フンミン選手、中国の武磊選手の3人が入選した。

 記事は、ベストイレブンのなかで日本が最大の「勝ち組」であるとし、計4人が選ばれたと紹介。このほか、カタールと韓国が2人、中国、ニュージーランド、オーストリアがそれぞれ1人という内訳になったことを伝えた。

 また、FW3選手の得票率についても紹介し、ソン・フンミン選手が70%という圧倒的な得票率でトップに立ち、2番めに武磊選手の23%が続いたとしている。

 なお、カタールの2選手はいずれもアジア域外からの帰化選手で、ペドロ・コレイア選手はポルトガル出身、アルモエズ・アリ選手はスーダン出身だ。中国で唯一選ばれた武磊選手は現在、スペイン1部のRCDエスパニョールに所属している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング