こんな些細なことで「罰金」だなんて! 日本とはこんなにも厳格なのか=中国

サーチナ / 2020年10月11日 13時12分

写真

中国メディアはこのほど、中国人留学生の見解として「日本は自転車の運転にも厳しい」と伝える記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 自転車は便利で手軽な乗り物だが、自動車と違って誰でも乗れるので、交通ルールを知らないまま乗っている人が多く、ルール違反も後を絶たない。そのため、最近では自転車の危険行為に対する罰則が強化されている。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人留学生の見解として「日本は自転車の運転にも厳しい」と伝える記事を掲載した。

 自転車のルールなどあってないような中国から来ると、日本の自転車に関するルールは厳しく感じるだろう。記事の中国人筆者はある時、駐輪禁止区間に駐輪し、戻った時には自転車がなかったという。盗まれたのではなく撤去されたわけだが、1000円の保管料を支払ってようやく返してもらえたと伝えた。

 そのうえで筆者は、中国では大丈夫でも日本ではルール違反になる自転車の行為について紹介。2人乗りすること、傘を差しながらの運転、夜にライトをつけることなどがあると伝えた。これらは中国ではごく普通の行為で警察官から注意されることはない。

 さらに筆者は、自転車に乗りながらの「イヤホン使用」で2回警告を受けたことがあると紹介している。後に罰金を請求されたそうだ。イヤホンを使用しての自転車の運転は、都道府県によって条例が異なるため、場所によっては必ずしも違法とはならないが、筆者の地域では条例違反の行為だったのだろう。これも中国では全く問題にならない行為であるため、「中国では大丈夫なのに」と不満そうだ。

 この記事に対し、筆者に同調するコメントはなく、「イヤホンは確かに危険だ」、「音楽を聴きたいのか格好つけたいのか、次からは注意したほうがいい」と注意を促すユーザーも見られた。交通安全に対しては意識が非常に低かった中国だが、若者を中心に変わってきているのかもしれない。自転車の安全運転に対する罰則は知らない人が多いので、外国人はもちろん、日本人も含めて正しく理解しておきたいところだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング