1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「日本人の国民性」は中国でどのように評されているのか=中国

サーチナ / 2021年9月19日 22時12分

写真

日本人と中国人は外見こそ似ているが、考え方や習慣などを含めた「国民性」にはかなりの違いがある。中国のQ&Aサイトにこのほど、「日本人の国民性」について意見を募るスレッドが立てられ、中国人から見た「日本人の国民性」について、多くの意見が寄せられた。(イメージ写真提供:123RF)

 日本人と中国人は外見こそ似ているが、考え方や習慣などを含めた「国民性」にはかなりの違いがある。中国のQ&Aサイト・知乎にこのほど、「日本人の国民性」について意見を募るスレッドが立てられ、中国人から見た「日本人の国民性」について、多くの意見が寄せられた。

 日本人の国民性は、中国人を含めた外国人にとっては難解なようだ。中国では米国の文化人類学者による著書「菊と刀」を参考にする人が多く、このスレッドでも引き合いに出す人が多く見られた。スレ主自身も「日本人は大日本帝国のような極端に走ることもある一方で、学ぶべき長所も多くある」と主張し、中国人からすると「日本人の国民性には矛盾した点があるように見える」と主張した。

 スレッドに寄せられた意見を見てみると、やはり「日本人の国民性には矛盾した感覚を覚える」という意見が目立って多かった。たとえば「日本人は見知らぬ人にも親切なのに、親しい間柄になっても距離感を保つ」という声や、「成功を求める一方で、極端に失敗を恐れる風潮がある」という声があった。

 確かに中国人の人間関係においては「見知らぬ人には冷たいが、本当に心を許した相手には距離感を見せない」など、日本人と逆の傾向となっている。また、中国人のビジネス感覚で言えば「失敗は成功につきものである以上は失敗を恐れる必要はなく、失敗は都度修正しながら突き進む」のが正しいのだろう。

 また「日本人は何をするにも極端だ」という意見も目立った。中国人に比べ、日本人は「集団主義」の傾向があるが、中国人からすると日本人の集団主義は「集団と同一でない個性を認めないなど、極端に映る」という声や、「日本製品の高品質さ」や「1つのことを突き詰めようとする職人」の存在も、日本人の極端さを体現した存在だというコメントも見られた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング