1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

そういうことか! 日韓の文化輸出は成功するのに、中国は成功しない理由

サーチナ / 2021年10月14日 13時12分

写真

中国のQ&Aサイト・知乎にこのほど、「中国文化に日韓のような世界的影響力がない理由」について問いかけるスレッドが立ち、広く意見を求めている。(イメージ写真提供:123RF)

 日本や韓国が「ソフトパワー」で海外への影響力を拡大しているのに対し、中国は「文化輸出」を積極的に行っているという話はあまり聞かない。中国のQ&Aサイト・知乎にこのほど、「中国文化に日韓のような世界的影響力がない理由」について問いかけるスレッドが立ち、広く意見を求めている。

 日韓が成功している文化輸出というと、音楽や映画、ゲームなどを想像する中国人が多いようで、ある人は「日韓の文化は営利目的、中国は政治的宣伝」と分析していた。今の時代に説教じみた話を聞きたい人はなく、アイドルやゲームのような娯楽のほうが人気なのは当然だとしていた。日韓は自国の魅力を世界に広めるため、戦略的に文化輸出を行ってきたと言えそうだ。

 では逆に、中国が文化輸出に成功していない理由は何だろうか。多かった答えが「経済力がない」というもので、ある人は古代ギリシャやローマを例に、経済力のある国のことは誰でも興味があるので、自然とその国の文化が世界に広まると答えていた。中国は世界第2位の経済大国なのに、「中国は経済力がないから文化輸出に成功していない」というのは矛盾しているのではないだろうか。

 また、「文化には性格がある」と主張する人は、日韓の文化は米国のように「外交的な性格」をしていて外国人にも受け入れられるが、「中国文化は内向的」なので、受け入れられないのだそうだ。

 また、日本の文化輸出を分析した人は、日本が中国に代わって「中国の歴史」にスポットライトを当ててくれたと評価した。中国人の間では、中国の歴史は「教科書の中の話」で何の面白みもなかったが、日本が三国志などをゲームや小説、アニメにしてくれたので好きになったという中国人は少なくないそうだ。

 ほかにも、中華料理やTikTok(ティックトック)のような生活面と、儒家文化などの精神面では世界への影響力が大きいのに、「流行と芸術面では世界への影響力が弱い」との分析や、「検閲のせい」、「中国喜劇は言葉に頼りすぎていて外国人には面白さが分からない」との指摘もあった。様々な意見が寄せられたが、「日韓は文化輸出に成功しているのに、中国文化は世界への影響力が弱い」という点に反論はないようだった。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング