1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

日本に敗れた清の北洋艦隊、中国人が「泣きたくなる」と語る敗因とは

サーチナ / 2021年10月25日 15時12分

写真

日清戦争の勝敗を分けた戦いの1つである黄海海戦で、当時の日本海軍は当時アジア一と言われた清の北洋艦隊を相手に勝利した。これは現代の中国人にとってもいまだにショッキングなことのようだが、その敗因を知ると泣きたくなるほどのようだ。(イメージ写真提供:123RF)

 日清戦争の勝敗を分けた戦いの1つである黄海海戦で、当時の日本海軍は当時アジア一と言われた清の北洋艦隊を相手に勝利した。これは現代の中国人にとってもいまだにショッキングなことのようだが、その敗因を知ると泣きたくなるほどのようだ。中国メディアの百家号はこのほど、北洋艦隊が日本に敗れた理由について紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、当時の清はアヘン戦争で英国に敗れてから西洋と比べて遅れていることを悟るようになり、洋務運動を始めて軍備の近代化を進め、北洋艦隊が誕生したと紹介した。その実力は当時の米国に認められるほどで「アジア一」と評価されていたという。

 しかし、黄海海戦で北洋艦隊は日本に敗れてしまったが、記事では4つの敗戦理由があったとしている。その1つが「準備不足」だ。黄海海戦前、北洋艦隊は朝鮮半島への兵士輸送を行っている時に日本に急襲されたため、準備が整わなかったと主張した。

 2つ目は「装備で日本に劣っていた」ことだ。戦艦数ではほぼ互角だったが、北洋艦隊は速度、機動性、射程のどれも日本に及ばなかったとしている。3つ目は「士気が低かったこと」で、多くの兵士が「勝てそうなら戦うが、負けそうなら逃げよう」という程度の気持ちで、日本のような「食うか食われるか」という必死さに欠けていたと指摘した。

 4つ目は「メンテナンス不足」だ。清はすでに賠償金の支払いなどがあって装備を新しくできていなかったことに加え、西太后の誕生日を盛大に祝うために軍艦のメンテナンス費用を流用してしまったので、必要なメンテナンスができていなかったという。そして、この敗戦理由は「とても情けない」もので、泣きたくなるほどだと伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング