1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 政治

稲敷市長選が告示 新人の一騎討ち、25日投票

政治山 / 1970年1月1日 9時0分

 現職市長の死去に伴う稲敷市長選(茨城県)は18日告示され、いずれも無所属の新人で元市議の、筧信太郎氏(50)と根本光治氏(51)の2人が立候補しました。

稲敷市長選挙(2018年11月25日投票)候補者一覧

 前回(2017年)の同市長選は、現職の田口久克氏(68)、新人で元市議の根本光治氏(49)の無所属2人が立候補。田口氏が1万940票を獲得して、当選しました(党派と年齢は選挙時)。投票率は57.04%でした。

 投票は25日で、即日開票されます。17日現在の選挙人名簿登録者数3万5683人です(稲敷市選挙管理委員会調べ)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング