涌谷町長選が告示 新元の一騎打ちで26日投票、補選は無投票

政治山 / 2019年5月21日 17時25分

 前町長の死去に伴う涌谷町長選(宮城県)は21日告示され、新人で元町議の遠藤釈雄氏(68)と元職で行政書士の安部周治氏(71)の無所属2人が立候補しました。

涌谷町長選挙(2019年5月26日投票)候補者一覧

 前回(2015年)の同町長選は、新人で元町議の大橋信夫氏(65)と現職の安部周治氏(67)の無所属2人が立候補。大橋氏が5026票を獲得して初当選しました(党派は選挙時)。投票率は63.59%でした。

 また同日には遠藤氏の辞職に伴う町議補選(欠員1)も告示され、無所属の元職で農業の伊藤雅一氏(83)のほかに立候補の届け出がなく、無投票で伊藤氏が返り咲きました。

 町長選の投票は26日で、即日開票されます。20日現在の選挙人名簿登録者数は1万4113人です(涌谷町選挙管理委員会調べ)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング