岩手県議二戸区再選挙、山下氏が新人の一騎討ちを制して初当選

政治山 / 2020年1月20日 9時38分

投票

※写真はイメージです

 前回県議選の当選者が当選無効となったこと伴う岩手県議会議員再選(二戸選挙区)は19日投開票され、無所属新人で元一戸町議の山下正勝氏(66)が9,295票(得票率70%)を獲得し、自民の新人で無職の松倉史朋氏(27)を破って初当選しました。

 岩手県議会議員再選挙・二戸選挙区(2020年1月19日投票)投開票結果

 昨年9月の岩手県議選で無投票当選した松倉氏は、選挙区内での居住実態がなかったとして当選無効になりました。公職選挙法は、選挙に立候補するにはその自治体に3カ月以上住むことが必要と定めています。

 当日有権者数は3万3620人。投票率は40.4%でした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング