大阪市議再選挙 維新の塩中氏が初当選

政治山 / 2020年3月23日 15時32分

選挙

※写真はイメージです

 当選無効に伴う大阪市中央区の市議再選挙は22日投開票され、大阪維新の会の新人で国会議員秘書の塩中一成氏(48)が1万177票(得票率50.5%)を獲得し、自民の元職で税理士・行政書士の権世幸蔵氏(62)と共産の元職で党職員の小川陽太氏(42)を破って初当選しました。

 大阪市議会議員再選挙・中央区選挙区(2020年3月22日投票)投開票結果

 今選挙は、昨年4月の選挙を巡って公選法違反(買収)の罪が確定した不破忠幸氏(選挙時、大阪維新の会所属)の当選無効に伴って行われたものです。

 当日有権者数は8万1062人。投票率は25.24%でした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング