1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 政治

兵庫県知事選が告示 新人5人が届け出

政治山 / 2021年7月1日 13時0分

兵庫県選挙管理委員会 特設ページ

兵庫県選挙管理委員会 特設ページ

 任期満了に伴う兵庫県知事選は1日告示され、午前10時半までに、いずれも無所属の新人で、音楽塾代表の服部修氏(47)、元加西市長の中川暢三氏(65)、元総務省都道府県税課理事官の斎藤元彦氏(43)=自民、維新推薦=、元副知事の金沢和夫氏(65)、元兵庫県議の金田峰生氏(55)=共産推薦=の5人が立候補しました。5期目の井戸敏三知事(75)は今期限りでの退任を表明しており、20年ぶりに新人同士の選挙戦となります。

 兵庫県知事選挙(2021年7月18日投票)候補者一覧

 前回(2017年)の同県知事選は、現職の井戸敏三氏(71)、新人でコラムニストの勝谷誠彦氏(56)、新人で憲法が輝く兵庫県政をつくる会代表幹事の津川知久氏(66)、新人で前加西市長の中川暢三氏(61)の無所属4人が立候補。井戸氏が94万4544票を獲得して、5選を果たしました(党派と年齢は選挙時)。投票率は40.86%でした。

 立候補の受け付けは1日17時までで、18日投開票されます。6月30日現在の選挙人名簿登録者数は460万4221人(兵庫県選挙管理委員会調べ)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング