1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 政治

[熊本・人吉市]市内のホテル・旅館を避難所として利用

政治山 / 2021年2月6日 6時0分

水害

※写真はイメージです

 熊本県人吉市(3万2300人)は、令和2年7月豪雨で被災した市内のホテル・旅館を応急的に補修し、20年10月1日から避難所として利用している。被災した市民の長期にわたる避難所生活を支援するとともに、新型コロナウイルス感染症対策として3密を回避するのが目的。避難所設置施設としたのは、ビジネスホテルあおやぎ、松屋温泉ビジネスホテル、丸恵本館、まちなかホテル丸一の4施設計56部屋。災害救助法に基づいて熊本県が応急補修し、市が避難所として借り上げたもので、管理運営は各施設が行う。市はその委託料として6000万円を予算化した。

 入所対象者は、(1)市の指定避難所への避難者で、自宅を応急修理中か、建設型応急住宅(仮設住宅)の申込みが済んでいる人、(2)指定避難所以外(自宅等)への避難者で、「自宅応急修理の際に一時的に自宅を退去する必要がある」「賃貸型応急住宅(みなし仮設住宅)に入居が決まっている」「仮設住宅の申込みが済んでいる」――のいずれかに該当する人。避難期間は20年12月31日までで、同日までに自宅または新たな住宅に移動できる人が入所できる。また、住宅が再建できた段階で速やかに移動してもらう。

(月刊「ガバナンス」2021年1月号・DATA BANK2021)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング