町議選は2月28日、曜日に関係なく日にちが決まっている選挙

政治山 / 2015年2月24日 11時31分

 北海道長沼町など4町で23日、2町長選と4町議選が告示されました。無投票となった3選挙を除いて、28日土曜日に投開票されます。任期満了日からすると本来なら4月の統一地方選となりますが、4年前の前回選挙も平日の2月28日に執行されました。休日に投票日を設定しないことには理由があるのでしょうか?

 各町の選挙管理委員会に尋ねたところ、「慣例として投票日は2月28日と決まっている」「28日が土、日になる場合もあるので、平日選挙と決まっているわけではない」とのこと。日にちが固定されている明確な理由は分らなかったものの、「3月、4月は農繁期に入るため、比較的時間に余裕のある2月に実施している」という回答でした。

 また、「町議選は2月28日」ということが浸透しているせいか、住民からは不便を感じるような声は聞かれず、前回選挙は各町とも72~90%の高投票率でした。

 同じ北海道の福島町では、出稼ぎ者が帰省するお盆時期に合わせて町議選の平日選挙を実施、宮崎県高千穂町も1947年以来、町長選、町議選ともに平日選挙が慣例となっています。

 平日選挙の場合、職員の時間外手当てが不要のため、人件費が抑えられるというメリットがある一方で、平日は通常業務があり、選管事務に当たる職員の確保が難しい場合もあります。

 公職選挙法には衆参補欠選挙以外は実施曜日に関する規定はなく、地域の習慣やライフスタイルに合わせて工夫することで、投票率向上や経費節減につながるかもしれません。

平日選挙の投票率

・長沼町議会議員選挙(2011年2月28日=月曜日=投票)81.3%
・北竜町議会議員選挙(2011年2月28日=月曜日=投票)90.93%
・東川町議会議員選挙(2011年2月28日=月曜日=投票)72.98%
・福島町議会議員選挙(2011年8月16日=火曜日=投票)83.27%
・高千穂町議会議員選挙(2013年9月11日=水曜日=投票)無投票

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング