古賀市長選、元県議の田辺氏が4新人の争いを制す

政治山 / 1970年1月1日 9時0分

 任期満了に伴う古賀市長選(福岡県)は25日投開票され、無所属新人で元福岡県議の田辺一城氏(38)が1万697票(得票率46.5%)を獲得して、いずれも無所属の新人で、元市議の姉川さつき氏(60)=自民推薦=、体操トレーナーの結城俊子氏(63)、元市議の奴間健司氏(66)を破り、初当選しました。

古賀市長選挙(2018年11月25日投票)投開票結果

 田辺氏は慶大法学部卒。毎日新聞記者を経て、福岡県議を2期務めました。

 当日有権者数は4万7731人。投票率は前回(2014年)を1.14ポイント下回る48.68%でした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング