春の天皇賞は女神にノッて!【part.2 近藤さや香】「ヒルノダムールに妙味あり!」

週プレNEWS / 2012年4月28日 13時0分

元SDNの近藤さや香さんは、まだまだ競馬勉強中だけど、昨年の優勝馬を本命に!データもしっかり分析しています

4月29日に行なわれる春の長距離王決定戦、天皇賞。まだまだ競馬勉強中の元SDN48、近藤さや香は、昨年の優勝馬・ヒルノダムールを指名。人気を下げた実力馬で勝負に出る!

***

競馬のお仕事を始めて1年になりました。まだまだ勉強中ですが、頑張って予想してみたいと思います。

私の本命はヒルノダムールです。去年の春の天皇賞を制した馬。その後は勝ち星に恵まれていませんが、体重が16㎏増えた京都記念は3着、直線で不利があった阪神大賞典は4着と、どんなときでも堅実に走るのは魅力。今回は人気もなさそうだし、馬券的な妙味もあります。ぜひ連覇をしてほしいですね。

対抗はオルフェーヴル。穴党の私としては、本来ならあまり狙いたくない馬なのですが、さすがに対抗より下にはできませんよね。外に大きく逃避した前走で、あそこから盛り返して2着は「すごい!」のひと言です。

▲はトーセンジョーダン。去年のJC(ジャパンカップ)のときに、東京競馬場でSDN48のメンバーとイベントをやったんです。そのとき、この馬だけ予想に入れずに馬券をハズしちゃいました(笑)。その心残りがあるので、今回は狙ってみます。

そして、ジャガーメイルが△。去年のJCでは14番人気ながら3着と大健闘。8歳と高齢ですが、経験を生かしてもうひと花咲かせてほしいですね。

近藤さや香(こんどう・さやか)



元SDN48のメンバー。平日の地方競馬場でジョッキー買いをしたら、全レース勝ち続けたこともあるという強運の持ち主。現在、『地方競馬中継』(グリーンチャンネル)のキャスターとしても活躍中!

(取材・文/浜野きよぞう)



【関連ニュース】

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング