『ワンピース』“ボア・ハンコック”のコスプレで話題の台湾モデル、サニー・リンを直撃!

週プレNEWS / 2012年5月7日 0時30分

『ONE PIECE』のボア・ハンコックのコスプレが「完璧すぎる!」と世界中で賞賛された美女、サニー・リンちゃん。台湾から日本に初上陸、いろいろ聞いちゃいました!

漫画『ONE PIECE』のキャラクター、“蛇姫”ボア・ハンコックのコスプレが「美しすぎる!」と世界中で賞賛された台湾の美人モデル、サニー・リンちゃん。そんな彼女が『週刊プレイボーイ』でグラビア撮影をするために緊急来日、直撃インタビューしてきました!

――今回、初めて日本に来たということですが、印象はどうですか?

「台湾では『個人で旅行するならどこに行きたい?』という質問に、ほとんどの人が『日本』って答えるんです。私も昔から日本に行ってみたかったので、今回お仕事ですけど来られて本当にうれしいです。ただ今回は仕事が忙しくて、スタジオばかりだったんです……。でもちょっとだけ時間を見つけて、外に出たら空気がきれいでいいなって思いました」

――東京の街はどうですか?

「世界の中でも東京は特別というか……とても刺激を受けました。雑誌の中でしか見たことがない風景を見られたり、街を歩く男性も女性もすごくオシャレでした! あとは食べ物がすごくおいしい! 私の大好きなラーメンもあってうれしかったですね(笑)」

――日本の男性はどう思いました?

「台湾にいる時にテレビで見ていた日本人の方は、みなさん丁寧でやさしいイメージでした。実際に来てみたら本当にその通りだし、とにかくみなさん真面目ですね。あと日本の男性はちょっと独特というか、個性を持っていて素敵だなって思いました。そういう男性ってすごくいいなって思います。私も付き合うなら日本人の男性みたいに清潔で誠実な人がいいなって思いますね」

――そもそもサニー・リンさんが“ボア・ハンコック”のコスプレをしようと思ったのはなぜですか?

「自分を紹介する作品を作ろうと思ったときにコスプレをしてみようと思ったのがきっかけでした。普段のモデルの仕事とは違って、こういうのはなりきらないといけないので、最初は慣れない部分が多くありましたね。でもしてみたらすごく楽しく出来ました。どんなコスプレをしようと考えた時に思い浮かんだのが漫画『ONE PIECE』だったんです。笑える部分や感動できる部分があったり、絵の世界観もすごく好きで、台湾でずっと読んでいました。その中でもキャラクターのハンコックが一番好きで。ちょっと自分にも似ているかなって(笑)。だったらコスプレをしてみようと思って、自分で衣装を頼んで作ってもらったんです。なので、コスプレ自体、ハンコックが初めてでした」

――いまやYouTubeでの再生回数が50万を超えています。ハンコックのコスプレがネット上で話題になっていることについてどう思いますか?

「台湾でもハンコックのコスプレをしている人はいっぱいいます。でもその中でまさか自分がここまで注目されるとは思ってもいませんでした。だから自分でもすごく驚いています。でもインターネット上でみなさんにいいねって言われて、日本と台湾でちょっとでも有名になれて、まさに夢のようです。あとは漫画作品自体、日本のもので、その国の方々に認められるのはほかの国の方に認められるのとは違う感覚ですね」

――次にやりたいコスプレとかありますか?

「今回、ハンコックのコスプレをしたことでいろいろコスプレをしてほしいとオファーをいただいたんですけど……これからはコスプレじゃない自分をもっと出していきたいと思っています」

――今回、『週刊プレイボーイ』で水着撮影してみてどうでした?

「台湾だとセクシーやクールな感じが多いんですけど、今回はこんなにかわいく撮ってもらえて本当にうれしかったです。今までこんな感じに撮ってもらったことがなかったのでいい経験になりました。また撮影していただける機会があれば、次は違う私を見せたいなって思っています」

――これからどんな活動していくんですか?

「日本で有名になりたいと思っているのでとにかくがんばります。いま日本語の勉強を始めていて50音から覚えています(笑)。あとはいつかCDを出してみたいですね」

――最後に、みなさんに一言お願いします!

「今回のグラビアで初めてサニー・リンのことを知った方が多いと思います。私も小さな頃からの夢、有名になりたいという目標に一歩近づけました。これからは日本人の方に台湾で有名な人は?って質問したときにサニー・リンって言ってもらえるようにがんばっていきますので、応援よろしくお願いいたします」

(撮影:Takeo Dec.、取材・文/林 将勝)



【関連ニュース】

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング