ナカミーの後任に女優が就任……。若手アナが不満タラタラの理由とは?

週プレNEWS / 2012年6月3日 12時0分

6月いっぱいで担当番組『とくダネ!』を降板するナカミーこと中野美奈子アナ(フジテレビ)に代わり、女優の菊川怜が後任キャスターに就任することが発表された。過去に『真相報道バンキシャ!』(日本テレビ系)のキャスターを務めていただけに実績は十分だが、フジテレビの若手アナたちは不満タラタラだという。若手局員が話す。

「ウチは女子アナの人数が他局よりも多く、地上波にレギュラー番組を持てない若手もいるんです。表立っては絶対に言えないと思いますが、ナカミーの退社をひそかに喜んだ女子アナはひとりやふたりではないはず。実際、入社3年目の細貝沙羅(ほそがいさら)アナは、小倉(智昭)さんと自分の相性はどうなのか、親しい局員に聞き回っていました(笑)。けど結局、外部からの招聘(しょうへい)……。同じく、自身の抜擢を期待していたという松尾翠(みどり)アナは、『私たちならギャラがかからないのになぁ』なんてガックリしていましたよ(苦笑)」

確かに、テレビ不況の現在、局アナを遊ばせておく余裕はないはず……。

「ハッキリ言えば適任がいなかったから。4月の番組改編で『知りたがり!』をリニューアルし、さらに新情報番組『ノンストップ』がスタート。このふたつの番組に高橋真麻アナや山﨑夕貴(やまさきゆき)アナといったタレント性ある若手を投入したため、メインを張れる人材が不足してしまったんです」(前出・局員)

視聴率で日本テレビの後塵(こうじん)を拝すフジテレビには、無名の若手アナを育てる余裕がないのかもしれない。

●中野美奈子(なかの・みなこ)



2002年にフジテレビに入社。一時期、『とくダネ!』の小倉智昭氏とは不仲説も流れたが、3年にわたってアシスタントを務めた。2010年に男性医師と結婚。今年の夏に退社し、東南アジアに赴任する夫に同行する予定。



【関連ニュース】

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング