34社、43雑誌による抽選会で「AKB48選抜総選挙」圏外メンバー172人のソログラビアが決定

週プレNEWS / 2012年6月20日 17時0分

AKB48総選挙で64位までに入らなかった172人が、各出版社の雑誌でソログラビア決定。抽選会は熱気に包まれた

6月6日に行なわれた「第4回AKB48選抜総選挙」では、AKB48、SKE48、NMB48、HKT48のメンバー237人の中から、ファン投票によって1位~64位が決定。選ばれた64人のメンバーたちは4つのチームに分かれ、それぞれオリジナルの楽曲やCM出演権などを手に入れた。

一方で、64位までに呼ばれなかったメンバーにもビッグチャンスが与えられた。“ウェイティングガールズ”として、さまざまな雑誌のグラビアにソロで登場するという企画が発表されたのだ。

12日、秋葉原のAKB48劇場で、どのメンバーがどの雑誌に登場するかを決める抽選会が開催された。この抽選会に参加したのはグラビア誌、マンガ誌、音楽誌、ファッション誌など、なんと出版社34社、43雑誌。各誌の編集長や担当が全員スーツ姿で集合し、いつもAKBファンでいっぱいの劇場とはまったく違う雰囲気につつまれた。

最初に“サルオバサン”こと広報の西山氏がくじを引き、その順番で劇場内へ入場。AKB48劇場支配人の戸賀崎智信氏による挨拶の後、雑誌名が順番に呼ばれ、代表者が箱の中からメンバーの選挙ポスターがプリントされたカードを引く。どのメンバーを引き当てるかで、雑誌の売上げが変わることもあって、全員本気モード。注目メンバーを引くと会場から歓声が上がるなど、熱気あふれる抽選会となった。

注目メンバーの掲載雑誌を一部紹介すると、AKB48では、年始に公開されたドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48』に当時研究生ながらに出演した岩田華怜が「Top Yell」(竹書房)に。AKB48加入前に神戸コレクションのモデルオーディションでグランプリを獲得、現在は中居正広主演ドラマ『ATARU』に出演中のスーパー研究生、光宗薫は「週刊プレイボーイ」(集英社)が引き当てた。

SKE48からは、松井珠理奈から「5期生でダンスが一番うまい」とも言われ、将来のエース候補と期待される菅なな子が「週刊SPA!」(扶桑社)。NMB48では、デビューわずか2ヶ月でAKB48の西武ドームコンサートでソロ曲を歌ったダイヤの原石、城恵理子を「TVぴあ」(ぴあ)が。HKT48では週刊プレイボーイの初水着グラビアが、ファンの間で大きな話題となった菅本裕子を「週刊ヤングジャンプ」(集英社)が撮影することになった。

この抽選会で選ばれた172人は、各雑誌でそれぞれ1ページ以上のソログラビアが掲載される。雑誌のカラーによって、彼女たちがどう写るかもさまざま。そこできっと、新たな魅力の発見につながることだろう、

(取材・文・撮影/関根弘康)

■「週刊プレイボーイ」でのグラビアが決まったメンバーは16人



鈴木紫帆里(AKB48チームB)、サイード横田絵玲奈、名取稚菜、光宗薫、茂木忍、森川彩香(以上AKB48研究生)。



木下有希子(SKE48チームS)、上野圭澄(SKE48チームE)、内山命、江籠裕奈、鬼頭桃菜、藤本美月(以上SKE48研究生)。



近藤里奈(NMB48チームN)、黒川葉月(NMB48研究生)。



児玉遥、森保まどか(以上HKT48チームH)





【関連ニュース】

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング