加藤嘉一×ロンドンブーツ1号2号・田村淳 特別対談「アクションを起こすのは当たり前。じゃないとリアクションもない」

週プレNEWS / 2012年11月1日 6時0分

常識を疑い、ピンチをチャンスに変える。 自らを「叩かれやすい」と語るふたりの、 まさに“逆転思考”なクロストーク!

昨年11月、ロンドンブーツ1号2号・田村淳さんのラジオ番組『ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB!』(文化放送)にゲスト出演し、意気投合した加藤嘉一氏。この度、加藤氏の本誌連載コラムが単行本化されるのを記念して、加藤氏と田村さんとのスペシャル対談を週刊プレイボーイ46号に掲載! ここで、その一部をお伝えしよう。

***

加藤 淳さんの行動力はすごいと思います。ツイッターで議論を巻き起こしたり、自ら生配信をやったり。淳さん自身が独立したメディアじゃないですか。

 興味を持つと動かずにはいられないんですよね。昔から知識がない分、行動力でカバーするしかなかったから。

加藤 ぼくも行動ありきでここまできました。教科書以外の本を読み始めたのは18歳、中国に渡ってからなんですよ。

 え~、それは意外! でもオレ、自分より行動力のある人を見るとワクワクするなあ。そもそも、中国に単身で行って、現地で独学で言葉を覚えて、中国の人に発信して「日本と中国の架け橋になりたい」なんて、オレには想像すらできなかったことだったし。

加藤 日本は年功序列が根強くて、「若いヤツは黙ってろ」じゃないですか。当時18歳のぼくが世の中に何を言おうが、誰も聞く耳を持たない。だからあえてアウェーに行ったんです。

 しかも一番手ごわい中国で(笑)。でも、それくらいのアクションを起こさないと変わらないし、認めてもらえないんだろうね。

加藤 中国やアメリカでは若いほどいいというか、そもそも“若者論”みたいなものが議論のテーマにならないんです。実力次第で誰にでもチャンスはある。

 ああ、なるほど! 日本だとオジサンたちが「最近の若者は……」なんて言うけど、そもそもそういう発想がないってことか。

加藤 「出る杭は打たれる」っていう言葉がありますけど、中国だと「出ない杭は打たれる」みたいな感じなんですよ。

 むしろ「出ろ出ろ!」って?

加藤 アクションを起こすのは当たり前。じゃないとリアクションもない。失礼ですが、淳さんも世間から打たれるほうですよね?

 うん、けっこう打たれる(笑)。けど、それに関してそんなに悲観的ではないですね。

加藤 賛成と反対の比率は?

 6対4で反対が多いかな。

加藤 ぼくも似た感じです(笑)。

(構成/石塚 隆 撮影/桑島智輝)

●加藤嘉一(かとう・よしかず)



1984年生まれ、静岡県出身。日本語、中国語、英語でコラムを書くコラムニスト。2003年、高校卒業後に単身で北京大学へ留学、同大学国際関係学院修士課程修了。中国語で日本のことを語る言論人として"中国で最も有名な日本人"と呼ばれる。今秋よりアメリカに拠点を移し、ハーバード大学ケネディスクール(公共政策大学院)フェロー。中国でのブログは7000万アクセス、中国版ツイッターのフォロワー数は160万人を突破

●田村淳(たむら・あつし)



1973年生まれ、山口県出身。『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)、『ガチガセ』(日本テレビ系)、『SHIBUYA DEEP A』(NHK)などバラエティ番組のMCとして活躍するのみならず、『知りたがり!』(フジテレビ系)、『ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB!』(文化放送)など情報系番組への出演や、インターネットでのプライベート企画『淳の休日』では政治家と対談するなどマルチに活躍

『逆転思考 激動の中国、ぼくは駆け抜けた』



加藤嘉一著 定価893円 集英社

http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-780660-1&mode=1



本誌連載「加藤嘉一の逆に教えて!!」をもとに、新たに書き下ろしを加えて再構成。9年間に及んだ中国での活動の最終年、時には北京や上海から、時には世界を旅しながら、時には日中間の移動機内で、「祖国・日本」と向き合い続けた日々の集大成的な一冊。常識を疑い、情報を疑い、成功さえも疑って、ピンチをチャンスに変えていく。そんな「逆転思考」の神髄が詰まっています!

■週刊プレイボーイ46号「単行本『逆転思考』発売記念対談 加藤嘉一×ロンドンブーツ1号2号 田村淳」より



【関連ニュース】

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング