2013年オフ、落合博満が巨人かDeNAで監督復帰? 

週プレNEWS / 2012年11月7日 13時0分

2012年の全日程が終了して、早くもプロ野球界はストーブリーグに突入した。

監督交代が囁(ささや)かれているのは、何もBクラスに終わったチームだけではない。3年ぶりに22度目の日本一となった巨人・原辰徳監督も例外ではないという。

原監督に対する渡邊恒夫読売グループ会長の評価が、思いのほか低いというのがその理由だ。テレビ局スポーツ担当のB氏が明かす。

「ただでさえ今年は、シーズン中に原さんの女性スキャンダルが炸裂したでしょう。ナベツネ会長は表向き『昔の話』と擁護していたけれど、内心では『巨人の名を汚しやがって』とかなり激怒していたらしいです」(B氏)

そのナベツネ会長が一番評価しているのが、落合博満・前中日監督というのは周知の事実。中日を辞めたとき、巨人がいつ招聘(しょうへい)するのか噂になったほどである。

また、「原さんの問題以外にも、巨人には一年でも早く落合さんを招聘したい理由がある」と語るのは、在京スポーツ紙記者のA氏だ。

「というのも、DeNAも落合さんを狙っているという噂があるんです。実は、岡田彰布監督の後任として、今年、オリックスが落合さんに監督就任を打診したものの、断られている。オリックスの球団幹部は、その断り方のニュアンスから、『来オフに横浜か東京のチームからお呼びがかかるのを待つ』と受け止めたという話です」(A氏)

DeNAの落合監督説に、根拠がないわけではない。現職の中畑清監督は、家庭の事情があり、本来なら今オフに退任してもおかしくなかった。続投でも来オフ限りというのが既定路線になっている。さらに、こんな情報もある。

「今オフ、中日のブランコ、ソト、ソーサがそろってDeNAに行くかもしれないという情報がある。そもそも彼ら3人を中米からスカウトしてあれだけ稼げるようにしてあげた“恩人”は、中日球団のスカウトではなく、落合政権でヘッドコーチを務めた森繁和氏なんです」(在阪スポーツ紙記者C氏)

つまり、落合氏の片腕ともいえる森氏が、まずは優秀な外国人選手をDeNAへと送り込み、そしてチームが整った来オフ、落合さんとともにチーム入りする、という流れだ。

関係者からだけでなく、ファンからも現場復帰を熱望されている落合氏。はたして来オフ、巨人かDeNAの監督に就任するのか。今オフから駆け引きは始まっている。

■週刊プレイボーイ47号「プロ野球ストーブリーグわけわからんマル秘ネタ一挙出し!!」より



【関連ニュース】

週プレNEWS

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング