サントリーのウイスキーが1杯200円!六本木ヒルズでクリスマスイベント「WHISKY & ILLUMINATION」開催中

週プレNEWS / 2012年12月13日 17時0分

六本木ヒルズに登場した、琥珀色に輝く幻想的なイルミネーション。恋人とウイスキーを楽しめる“オトナのイベント”が開催中です

“大人のお酒”というイメージがあるウイスキー。興味があっても、なんとなく手が出しづらいなんて感じている人も多いのでは?

六本木ヒルズで開催中の「WHISKY HILLS 2012」は、「山崎」シリーズなどで知られるサントリー酒類がウイスキー文化の発展を目指して主催しているだけあって、ウイスキー入門にピッタリなイベントだ。現在は、六本木ヒルズ66プラザで「WHISKY & ILLUMINATION」というクリスマス向けの催しを行なっており、なんと1杯200円でサントリーのウイスキーを楽しむことができる。

ラインナップは「山崎」「白州」「響12年」「角瓶」「ザ・マッカラン ファインオーク12年」の5銘柄。「響12年」など、ホテルのバーやラウンジにも置いてある一品も1杯200円で、何杯でも飲める。

イベント担当者によると、「12月という季節柄か、一番出ているのはお湯割り」とのこと。もちろん、ロックや水割り、ハイボールにもできるので、1杯目はお湯割りで体を温めて、2杯目以降はロックやストレートでゆっくり味わうといった楽しみ方も良いだろう。

ちなみに、会場でもらえるイベント紹介冊子『Navigator(ナビゲーター)』を六本木ヒルズや近隣エリアのキャンペーン参加飲食店22店に持って行くと、1杯目のウイスキーが100円で飲める特典も。イベントから、そのまま近隣の店に気軽に飲みに行くこともできるのだ。

会場には、ウイスキーの「丸氷」をイメージした大きなイルミネーションも登場。時間とともに白から琥珀色にライトの色が変わっていく仕掛けになっており、まるでウイスキーが注がれるグラスのようだ。このイルミネーションは中を通り抜けることもでき、クリスマスシーズンにふさわしい幻想的な雰囲気を堪能できる。

カップルや女性同士でにぎわう会場だが、できればクリスマスまでに彼女をつくって参加したいところ。彼女のいない人は、このイルミネーションを口実に気になる女性を誘ってみてもいいだろう。

残る開催日は、14~16日と22日~25日の7日間。たとえデートの誘いが失敗しても、男ひとりでウイスキーを飲みに行けばいい。それも、“大人の男”といった感じで、なかなか悪くない。

(取材・文・撮影/小山田裕哉)



【関連ニュース】

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング