好感度CM1位!エステー「消臭力」のミゲルくん、クリスマスパーティーで天使の歌声を披露

週プレNEWS / 2012年12月20日 15時0分

ちょっぴりオトナになった?「しょう~しゅ~りき~♪」が最優秀CM賞を受賞して、ミゲルくんが生歌披露!

18日、エステー株式会社宣伝部が、都内で“サプライズ クリスマスパーティー”を開催した。

12日にCM総合研究所が発表した「ブランドオブザイヤー2012」において、「売上げに貢献したCM展開」の化粧品・日用品企業部門で、エステーの「消臭力」CMがトップを受賞。この日のパーティーには、同CMに出演するポルトガルの歌手・ミゲルくんが登場し、アカペラで天使のような美声を披露した。

この「消臭力」CMは、ミゲルくんの歌声と、“震災から立ち直った街・ポルトガル※”で撮影されたということで震災後に話題となり、2011年8月には、CM総合研究所によるCM好感度調査(作品別)で1位を獲得した。この日、サンタクロース姿で現れたミゲルくんは、『消臭力のうた』『チカラにかえて』と2つのCM曲を披露。「セーノ」という掛け声で、「しょう~しゅう~りき~♪」というフレーズを会場に歌わせるなど、エンターテイナーとしても場を盛り上げた。さらに『ファド』というポルトガルの演歌を歌い上げ、パーティーに参加した人たちを唸(うな)らせた。

その後、今年同社が主催したミュージカル「赤毛のアン」に出演したモーニング娘。OGの高橋愛さんがサンタ帽をかぶり登場すると、「可愛い~!」と大歓声。ミゲルくんとの2ショットに「最高のクリスマスすぎる!」という声が会場のあちこちで上がっていた。

続いて、やはり同ミュージカルに出演していた大和田りつこさんがサプライズ登場。被災地訪問から東京に戻ってきたその足で会場に駆けつけたという彼女は、震災の日、中国からの研修生162名を受け入れていた水産会社の社長さんが、丘の上に研修生を全員避難させてから自分は波にのまれたこと、そして当時の様子を研修生が撮影しており、その動画が中国で話題になったこと、さらに中国で曲がつけられ、日本で作詞され、大和田さんがその歌を福島で歌ってきたことを説明。大和田さんが「少しだけ」といいながら中国語バージョンで歌を歌うと、大きな拍手が贈られた。

福島中央テレビからは、前日ミゲルくんが被災地の学校を訪問し、歌を歌ってきたことも報告された。子供を抱えた不安なお母さんからは、ミゲルくんの笑顔に「安心した」という声が届けられたという。

そんなミゲルくんは、チョコレートと福島で買ってきた「いちごクリーム大福」を高橋さんにプレゼント。まさかのクリスマスプレゼントに、「ええっ!?」と驚く高橋さんだったが、14歳からの少年からの贈り物にドキマギする様子を見せながらも大喜び。高橋さんは来年、ミュージカル『ウエディングシンガー』に出演。“エステーつながり”のメンバーが、まさに「歌のチカラ」で人々の心をつなぐ。

(取材・文/高橋裕子)

※1755年、西ヨーロッパで東日本大震災クラスと想定されるリスボン地震が発生。ポルトガルは地震と津波で壊滅的な被害を受け、それまで隆盛を誇っていたポルトガルは、以降長きに渡り衰退。20世紀に入り復興を果たした



【関連ニュース】

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング