壇蜜、新宿駅に現る!自分の巨大ポスターを前に「ハァハァしてください」

週プレNEWS / 2012年12月24日 17時1分

新宿駅構内に巨大壇蜜ポスターが登場。壇蜜さんご本人も、その大きさにびっくりです

クリスマスイブ、エロスの女王が新宿に降臨! 24日、新宿駅構内にヨコ7メートル、タテ2メートルという巨大な壇蜜ポスターが貼り出された。

「毎週月曜、ハァハァシテル?」という意味深なキャッチコピーとともに、黒の下着と白のシーツに身を包み、刺激的な視線を通行人に投げかける壇蜜。これは『週刊プレイボーイ』の宣伝ポスターで、現在発売中の新年1・2合併号に壇蜜はグラビアで登場。さらにこの号には、オリジナルに撮影された30分のスペシャルDVD『壇蜜 情動』も特別付録でついている。

一昨年、29歳でグラビアデビューした異色の存在は、その独特の世界観でジワジワとファンを増やし、今年に入り大ブレイク。発売するDVDは次々に大ヒット、主演映画が公開されテレビ出演も増えるなど、“壇蜜現象”を巻き起こしている。JR新宿駅の東口と西口をつなぐ北通路という通行量が多い場所で、ひときわ目を引くこのポスター。午前10時に貼り出されると同時に、多くの人がポスターの前で写真を撮っていた。

***

 というわけで、ご本人にこっそりこの現場に来ていただきました! いかがですか、自身の巨大ポスターをご覧になって?

「あまりに大きくて、自分の顔だって認識するのにタイムラグがありました(笑)。よく、渋谷駅にAKB48やジャニーズの方たちの大きなポスターが貼ってありますよね。まさか自分に置き換える日が来るとは思いませんでした。でも、道行く人たちが『あ、壇蜜だ』って気づいてくださったり写真を撮ってくださっていて、うれしかったです。なんなら私が撮ってあげましょうか?って思いました(笑)」

でも、これだけ大きいとポスターにイタズラされないか心配ですね。

「乳首に画鋲(がびょう)なら刺してもいいですよ。ただ、(乳首の)場所が上すぎたり下すぎたりしたら傷ついちゃいます」(※編集部注:実際に画鋲を刺したりするイタズラはご遠慮ください)

さらに、来年1月26日(土)には、お台場にある東京カルチャーカルチャーで『壇蜜の蜜談ナイト~えろばかってる?~』というトークイベントも開催されます。これはどんなイベントになるんでしょう?

「吉田豪先生(MC)と杉作J太郎先生(ゲスト)と、とても記事にはできないような卑猥な話をしようと思っています。昔つきあっていた人たちが聞いたらナタを持って攻めてきそうなくらい過激な内容がちょうどいいかな、と。この不景気に、言ってみれば“嗜好品”に時間をさいてくださるわけですから、来ていただいた方たちに入場料以上の思いをさせることが最大の目標です」

***

こう語る心優しきエロスの女王。来年は、よりいっそう露出が増えることは間違いないが、そんな忙しい状況にも「自分のことを飽きない程度に知ってもらいたいなと思っています」と笑顔。

このポスターが掲示されるのは12月30日(日)まで。巨大壇蜜にハァハァしたい人は新宿駅に出かけてみよう。

(撮影/関根弘康、取材・文/週プレNEWS編集部)



【関連ニュース】

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング