AV業界に“イケメン男優”ブームが到来中

週プレNEWS / 2013年2月2日 15時0分

ナンバーワン人気の一徹氏。最近登場した女性向けAVに出演している。ルックスだけでなく、プレイにも人気のワケが?

AV女優のルックスのレベルが格段にアップしている昨今。その一方で、イケメンAV男優のブームが起きている。

「かつてのAV男優は、マッチョ・色黒のギラギラした人が主流でしたが、最近の男優は、普通体形から細マッチョで、甘いマスクのイケメンが中心。しかも彼らは、アクロバティックな体位や、高度な技を繰り出すわけでもなく、優しさにあふれた“スローセックス”をする。そんな男優の虜となる女性が急増しているんです」

そう話すのはAVライターの東風(こち)克智氏。ブームの先駆けとなったのは2008年設立の「SILKLABO(シルクラボ)」という女性向けAVメーカー。その作品に出演する男優は特に高い人気を誇る。

「人気の一徹(いってつ)、月野帯人(たいと)、ムーミンの3人は“エロメン三銃士”と呼ばれ、なかでも圧倒的な人気なのが一徹。昨年には、業界でも異例のメーカー専属男優となりました。女性ファン限定のイベントも盛況で、ファン同士も彼の表情や服装、髪型などの話で一緒に盛り上がっている。まさにアイドル的な人気なんです」(東風氏)

そんな一徹氏の人気のワケを探るべく、週プレが本人を直撃! 約束の場所に現れたのは甘いマスクの好青年で、確かにAV男優っぽくない!

「ファンの方からは、『見た目は草食系なのに、中身は実は肉食系な“ロールキャベツ男子”』といわれます。僕よりイケメンの男優さんはいますが、見た目が普通なことは武器かもしれません。現場でもよくADと間違われますし(笑)」(一徹氏)

そんな一徹氏の人気が爆発したきっかけは、2009年7月に、雑誌『an・an』のSEX特集号のDVDに出演したこと。発売直後から、女性からのファンレターやプレゼントが大量に届くようになり、「今着ている服もバッグも、ファンからのもらい物なんです」(一徹氏)というから驚く。

シルクラボのプロデューサー、牧野江里氏によると「男優に固定ファンがつくのは異例」という。

「『an・an』にはその後も2回出演し、そのたびにシルクラボのサイトの会員数も急増します。一徹との共演を希望するAV女優さんも増えていますね。女性ファン限定の定期イベントも、最近はチケットの争奪戦になってきて、4000円のチケットが、ネットオークションで2万円で取引されたことも」(牧野氏)

では、肝心のプレイの部分での一徹氏の魅力はどこに?

「僕には加藤鷹さんのゴールドフィンガーや、チョコボール向井さんの駅弁のような空中殺法はありません。潮も吹かせませんし、アナルもいじりません(笑)。意識しているのは、きちんと女のコの表情や反応を見て、少しずつ緊張を解きほぐしてあげること。手技もピアニシモからフォルテシモのように、徐々に力を加えていきます。僕が頭をなでる『よしよし』が好きと言ってくれる女優さんもいて、普段はハードなプレイをしている方が、『よしよし』でビッチャビチャに濡れてしまったこともありました」(一徹氏)

一徹氏出演のAVはどれも女性向けだが、男性も勉強になるかも。

「男性視聴者からは『女優が見えない!』と嫌われる、セミのように覆いかぶさる正常位も、女性には『密着感がイイ』と喜ばれます。避妊具をつける場面が『女性を大事にしてくれている』という印象になって人気を集めたりと、喜ぶ場面が男性とは違うんです。女性の少女マンガ的ファンタジーが混じっている部分もあるでしょうが、『女性が喜ぶセックス』を知ることはできるかと」(一徹氏)

過去にAV男優の激しいプレイのマネをして痛い目に遭った読者は、反省のために見てみる?

(取材・文/古澤誠一郎)

■2月4日(月)発売の「週刊プレイボーイ」7号にて、一徹氏のインタビューを掲載!

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング