掟破りのアイドル「BiS」のリーダーがNGナシの限界露出に挑戦

週プレNEWS / 2013年2月19日 19時0分

ここまで見せる(魅せる)アイドルが、いまだかつていただろうか? いや、今後はこれがアイドルのスタンダードになる……のかもしれない

「アイドルに“禁止”の2文字はない!」

―そんなアツい雄叫びが、誌面からヒシヒシと伝わってくる。

アイドルグループ・BiSのリーダー、プー・ルイが、現在発売中の週刊プレイボーイでグラビアの限界に挑戦している。BiSといえば最近、アイドルファンの間ではよく耳にする名前だが、いったい何者なのか?

「BiSは、いまアイドル界で最も注目を集める異色の5人組です。『自給自足』をモットーに、深い森の中を全裸で走りまわる過激なPVや、ライブ中に“研究員”と呼ばれるファンに向かってスクール水着姿でダイブするようなパフォーマンスを繰り広げ、そのテンションの高さから『アイドル界の暴走機関車』なんて呼ばれています」(アイドルライターの篠本634氏)

プー・ルイは、そのBiSのリーダー兼ヨゴレ担当。グループの大胆なパフォーマンスの数々も、彼女のアイデアによる部分が大きいようだ。今回の撮影も、本人サイドからのNGは一切ナシ。それもあって、編集スタッフも普段以上に撮影のアイデアを練ったという。

「BiS自体、掟破りのアイドルなわけですからね。こちらとしても、過去にない思い切ったグラビアを考えました。今回の衣装がすべて特注品だったことからもわかると思いますが、現場はかなり気合いが入っていましたよ」(担当編集者)

撮影した写真は、蛍光塗料入りのローションを全身に塗りたくったものや、素肌の上になわとびを巻き付けて隠したものなど、どれも全裸一歩手前のギリギリショットとなっている。撮影を進めていくなかで担当編集者が改めて感じた、彼女の魅力とは……?

「撮影時は本人もノリノリで、和気あいあいとした雰囲気でした。でも、よく考えてみたら、これだけ過激な撮影にもかかわらず、笑顔を絶やさずにこなしてるのはすごいなと(笑)。そんな、親しみやすさと紙一重にある過激さが、彼女の魅力なんだと思いましたね。今回のグラビアは、彼女以外の誰もできない作品ができあがったと思います」(担当編集者)

1月には仙台発のアイドルグループ、Drothy Little happyとのコラボシングル『GET YOU』がオリコン11位を記録し、3月16日には東京・両国国技館でワンマンライブも行なうなど、いま波に乗りまくっているBiS。愛らしさと激しさを併せ持つ彼女たちの姿に、アイドルの新しい姿を見た。

(取材・文/週プレNEWS編集部、撮影/樂滿直城)

■プー・ルイ(POUR LUI)

1990年8月20日生まれ。



○5人組の自給自足アイドル「BiS」のリーダー兼ヨゴレ担当。座右の銘は「ぷーぷーぷーぷーおならプー!」。3月16日(土)にBiS/ワンマンライブ「WHO  KiLLED IDOL?」を両国国技館にて行なう。BiS 新生アイドル研究会サイトは  【http://www.brandnewidolsociety.org】

★プー・ルイの未公開グラビア&動画を★



「週プレモバイル」で配信中!!★




●「週プレモバイル」 ガラケー、Android、iOSに完全対応中!!



【http://s-wpb.shueisha.co.jp/

★「ケータイ週プレBook」でもプー・ルイの★



★50点前後の未公開写真を配信中!!★



週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング