ぽちゃモテ女子に共通するのは“スーパーポジティブさ”

週プレNEWS / 2013年2月19日 15時0分

『爆笑学園ナセバナ~ル!』で“ぽっちゃりアイドル”を目指して活動中の「ピカリ」(左・川村ひかりちゃん)と「ゆかたろ」(右・西田優花ちゃん)

『JELLY』などの女性ファッション誌を多く手がけるぶんか社から、3月21日、日本初の“ぽっちゃり女子”をターゲットとしたファッション誌『la farfa(ラ・ファーファ)』が発行されることが明らかになった。創刊号のイメージモデルにはお笑いタレントの渡辺直美を起用し、初版部数は5万部を予定しているという。

いま、俄然、世間の注目を集めている「ぽっちゃり女子」。彼女たちが活躍の場を広げるにつれ、自分の隠れた好みに初めて気づく男子も増加中だ。

爆笑問題がMCを務める『爆笑学園ナセバナ~ル!』(TBS系、毎週火曜)では、「われこそは“ぽちゃカワ”だ!」という女子を募集し、“ぽっちゃりアイドル”を育成するプロジェクトをスタート。1000通以上の応募が殺到するなか、番組に選ばれた一般のぽっちゃり女子たちにモテ話を聞いてみた。

体脂肪率50%超えの大学生、「ゆかたろ」こと西田優花ちゃん(19歳)は、恋愛ではふられるよりふるほうが多いという。

「デートはもっぱら食べ放題。私のためにいそいそと肉を運び、『食べてる姿がかわいいね』とほほえむ彼氏を完全無視して、食事を続行します(笑)」

また、元地下アイドルで現在フリーターの「ピカリ」こと川村ひかりちゃん(21歳)も、今までほぼ途切れることなく彼氏がいるという、ぽちゃモテ女子だ。いつも笑顔の彼女の、その明るさはどこから来ているのか?

「先輩や友人が“ぶーちゃん”と呼んだり明るくいじってくれるから、人との距離が縮まって交友関係も広がりました。“ぽちゃ”でイヤな思いをしたことなんて一度もないし、逆にすごく得してます」

優花ちゃんも、自分が“ぽちゃ”であることをポジティブにとらえている。

「この体形のおかげで今まで楽しく生きてこれたし、友達もできた。私にとって、“ぽちゃ”は生きがい」

彼女たちに共通しているのが、自ら前向きな考え方を選択していることだ。ぽっちゃり女子をこよなく愛しているという「ぽっちゃり評論家」のたかちゃん氏は、こう説明する。

「人はコンプレックスを自分の武器に変えられる人に魅了されますよね。ポジティブぽっちゃり女子は、その最たるもの。見えを張ったりトークを着飾ることもないので、女性に不慣れな男性も居心地のよさや癒やしを感じるはずです」

彼は、世の中に蔓延する「細いほうがかわいい」という概念を「ぽっちゃりだからかわいい」に塗り替えるべく、日々活動中だという。

「異性によく見られたくて細くなろうとしている女性は、今の自分に満足していないんでしょう。でも、自分を好きになれない人に男性は魅力を感じません。その点、丸みが存分に強調されたぽっちゃり女性は、見ているだけで癒やしを与えてくれる存在。自信に満ちているコには幸せを感じますし、母性も感じます。僕からしたら、七福神を見る感じに似ています」(たかちゃん氏)

今まで「太っている」というだけで彼女たちを選択肢に加えてこなかった男子は、固定観念を捨て、あらためて目を向けてみてはどうだろうか。

(取材・文/山脇麻生、撮影/井上太郎)

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング