「“上級主任”に異例出世で年収3000万円」報道にカトパンは困り顔

週プレNEWS / 2013年2月24日 17時0分

大活躍のカトパンこと加藤綾子アナ。フリーになれば年収1億円は稼げる?

2月8日付の夕刊紙にこんな見出しが躍った。

「カトパン管理職に大抜擢へ! 年収3000万円保証」

どのような内容の記事かというと、27歳の加藤綾子アナ(フジテレビ)が6月の人事異動で“上級主任”に出世。開局史上、最年少の管理職に就くというもの。しかも、見出しどおり、昇進後は年収3000万円が保証されているというのだ。なんとも豪勢な話だが……。

「このニュースが出た直後から、カトパンは顔見知りのスタッフに『年収3000万円なんだって? 今度おごってよ』とからかわれて困っているそうです(笑)」(テレビ関係者)

実際、20代でそこまでの年収をもらえるのだろうか。スポーツ紙の芸能記者が話す。

「2006年にフジテレビを退社した山中秀樹さんが、雑誌のインタビューでアナウンス部長時代の年収が2500万円だと言っていました。いくら人気アナとはいえ、年収3000万円は難しいでしょう」

また、出世に関しては、前出の関係者がこう話す。

「慣例として、フジテレビは主任まで年次順に横並びで昇格していくんです。そもそも“上級主任”という役職が存在しないので、もしかするとカトパンだけに用意されるポジションなのかもしれません。ちなみに現在の彼女の年収はというと、同世代の局員と同じく1100万円前後というのがリアルな数字ではないでしょうか」

とはいえ、今のカトパンの活躍を見る限り、異例の出世を果たしてもおかしくないのは確かである。

●加藤綾子(かとう・あやこ)



1985年4月23日生まれ、埼玉県出身。国立音楽大学音楽学部音楽教育学科卒業。現在は『めざましテレビ』でメインキャスターを務めるほか、『ホンマでっか!?TV』などのバラエティ番組にも出演。夕刊紙の記事によると、「フリーになると年収1億円は稼げる」という

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング