“地下アイドルの女王”小桃音まいがメジャーデビュー!「身体を張る覚悟です!」

週プレNEWS / 2013年5月16日 19時0分

「コトネの日」認定を報告する小桃音まい。「将来は国民の祝日にしたい!」と息巻いた

インディーズで活躍し続けていたソロアイドル、小桃音(ことね)まい(22)が、5月10日に行なったイベントで「8月14日にビクターエンターテインメントから、メジャーデビューする」ことを発表した。

この日に行なわれたイベント「コトネの日」は、5月10日の“コト”の語呂合わせから。2011年5月10日の2年前から行なっている活動が認められ、このたび「日本記念日協会」に正式に「コトネの日」として認定された。

今年で3回目となった「コトネの日」のライブで、小桃音は「メジャーに行く」と、ファンの前で発表。念願だったメジャーデビューに、多くのファンは大声で「やったー!」と叫び、抱き合いながら喜んでいた。そんなファンに彼女は、「今までのすべての努力は、ここにつながっていたんだなと思います。みなさんありがとうございました! これからも全力で頑張ります!」と涙の決意表明を行なった。

そんなメジャーデビューを決めた小桃音まいに、独占取材を敢行した。

***

――メジャーデビュー決定、おめでとうございます。

「ありがとうございます!」

――小桃音さんはこれまで「インディーズの女王」や、「地下アイドルの帝王」、「最後のボスは地下にいる」など、“インディーズアイドル”の象徴として君臨してきました。ファン心理としては「メジャーに魂売ったのかよ!」と怒る人もいるんじゃないかと思っていたんですが。

「実は私も、ファンのみなさんの中には、『さみしいな』『メジャーはイヤだな』って感じる方もいるんじゃないかって思ってたんです。でも、自分的には『地下だけでやっていてもダメだ』『ほかの地下でやっているアイドルさんたちの希望にならなきゃ』って思っていたんですよ」

――でも、実際にライブでメジャーデビューを発表したら……。

「ファンのみなさんがお互い抱き合って喜んでくださって。すごく嬉しくて涙が止まりませんでした! 同時に『私は、やらなくちゃいけないんだ!』って実感がわきましたね。みんなと一緒に戦っていきます!」

――小桃音さんは、2月に『週刊プレイボーイ』で水着グラビアにも挑戦しました。メジャーデビューした後も、グラビアは考えていますか?

「ぜひやりたいです! 週プレさんのグラビアは本当に大きくて、『週プレを見て気になってライブに来ました』っていう方もいらっしゃるんですよ。それに私、アイドルさんが大好きで、週プレはいつもチェックしているんです。憧れの雑誌に出れたことは今でも本当に感謝してますね」

――ありがとうございます。ちなみにメジャーデビューするということは、テレビのバラエティにも出演する機会が出てくると思うのですが、どう考えていますか?

「そうですね。私、ハロプロさんが大好きなんですけど、昔、モーニング娘。さんが『うたばん!』とかで、急なすべり台に乗ったり、粉だらけになったり、CGで『◯◯大明神』ってイジられたりしてたじゃないですか? ああいうのが本当にスキだったので、機会があれば……身体を張って頑張ろうと思います!」

――テレビでも活躍することを期待しています! あと、今回5月10日が「コトネの日」に認定されましたが、“ネ”の部分は、5月10日の語呂合わせに入っていません。「ネ」についてはどう考えてますか?

「え?」

――「ネは、別にいいや」という考えですか?

「あのー、字余り的な感じです。あの、“ネ”は、入っていますけど考えないというか、表示されないというか……」

――Knife(ナイフ)やKnow(ノゥ)の「K」のように、発音しない、という感じですか。

「そうです。それです!」

――了解しました。ありがとうございました。頑張ってください!

「ありがとうございます! これからも全力で頑張ります!」

(取材・文/週プレNEWS編集部)

 

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング