ヒキだけでなく“パチスロ愛”も必要。スロッターの頂点を決める「第1回 日本回胴王決定戦」が開催決定!

週プレNEWS / 2013年7月29日 14時0分

パチスロが日本に登場して約四半世紀。今までありそうでなかった一般参加型のスロッター日本一決定戦が、ついに開催される

全国のパチスロファンが待ちに待った大会が、この夏ついに開催される。その名も「第1回 日本回胴王決定戦」だ。

全国のスロッターの頂点=回胴王を決めるという、史上初めてのこの大会。全国4都市で行なわれる予選、そして東京での準決勝、決勝を勝ち抜き、見事優勝した者には、初代回胴王の称号とトロフィー、そしてラスベガス旅行が贈られる。

<大会スケジュール>




1、予選(600名→48名)




8月17日(土)名古屋 ポートメッセなごや 第3展示館




8月18日(日)大阪 梅田クリスタルホール




8月24日(土)東京 ベルサール渋谷ガーデン




8月25日(日)福岡 福岡ファッションビル7F 多目的ホール

・4択方式、全30問の筆記試験




・競技(3時間/各自休憩可/台移動不可)

2、準決勝(48名→6名)




8月31日(土)東京 プリズムホール(東京ドームシティ内)

・競技(5時間/途中一斉休憩あり/台移動可)

3、決勝(6名→1名)




9月1日(日)東京 プリズムホール(東京ドームシティ内)

・競技(10時間/途中一斉休憩あり/台移動可)

基本ルールは規定時間内での出玉勝負。だが、注目すべきは筆記試験が設けられている点だ。つまり“真の回胴王”とは、ただ単に「コインを多く出した者」ではなく、スロットに対する知力、強運、ヒキ、スロットへの愛、これらすべてを持ち合わせた者なのである。筆記試験では、パチスロに関する知識だけでなく、マナーや愛を問う問題も含まれる。

また、競技での対戦機種だが、今月ホール導入されたばかりの“あの”超人気機種になるというウワサ。準決勝からは台移動も自由で、よりホールでの実戦形式に近くなっている。台選びや立ち回りの技術も要求されるため、こちらも回胴王の名にふさわしいルールになっている。

さらに、この「日本回胴王決定戦」の様子は、予選から決勝まですべてニコニコ生放送にて完全生中継されるので、白熱の様子をどこからでもリアルタイムで観戦することができる。もちろん会場での観戦も可能で、会場にはスロッターなら誰でも楽しめる各種イベントが用意されている。

応募資格は18歳以上で、下記の公式サイトからエントリー。応募期間は7月29日(月)~8月16日(金)となっており、応募多数の場合は抽選によって決定される(※大阪・名古屋地区のエントリーは8月9日まで)。

(取材・文/週プレNEWS編集部)

■第1回 日本回胴王決定戦 公式サイト




http://www.slot-king.jp

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング