『あまちゃん』でブレイク中の有村架純がグラビア撮影で見せた「女優としての成長」

週プレNEWS / 2013年8月7日 6時0分

透明感あふれる有村架純。『あまちゃん』の演技も評価が高い、次世代清純派女優の筆頭だ

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』で小泉今日子演じる春子の少女時代を演じ、「若い頃のキョンキョン(小泉今日子)にそっくり!」と話題を呼んでいるのが、若手実力派女優の有村架純だ。

自らオーディションを受け、芸能界入り。16歳で女優デビューを果たし、ドラマや映画などでの地道な活動を経て、今回の『あまちゃん』でブレイク。現在、次世代清純派女優として注目を集めている。

そんな彼女が、現在発売中の「週刊プレイボーイ」のグラビアに登場、爽やかな姿を見せている。今回の撮影は、衣装や背景など彼女の存在感をクローズアップするため、すべて白一色。余計なものを一切排除して行なわれた。

デビュー以来4年にわたり、彼女を見続けてきた週プレの担当編集者は、彼女の魅力をこう語る。

「とにかく仕事に対して一本気。非常に謙虚でまじめなコですね。例えば普段からスタッフへの気配りなど素晴らしく、お弁当をみんなで食べるときも自らお茶を配るなど、マネージャーがやるようなこともいまでも率先して行ないます。どんなに仕事で評価されても、決して慢心しない。そういう姿が数々の現場で認められてるんだと思います」

また、今回の撮影を通して、担当編集は彼女の成長に気付いたという。

「撮影では彼女に指示することなく、カメラを向けられた瞬間に感じたことをそのまま表現してもらいました。すると物怖じすることなく、優しい表情を浮かべたり、身体を動かしたり。作ったような笑顔やポーズではなく、すごく自然な姿を見せてくれるんです。昔は同じようなことをしてもらっても、戸惑い気味だったんですけどね。今は自分をこんな風に見せよう、見てもらいたいって気持ちがカメラ越しに伝わってくる。女優としての成長を感じました」

ちなみに担当編集によれば今回のグラビアには、1枚だけ特別なカットがまぎれているそうだ。

「波打ち際で楽しそうにしているカットなんですが、その撮影の時だけは、海での開放感もあってか、女優ではなく素で楽しんでいました。それがじつに愛らしい。本誌を手にした人は、ぜひとも彼女の素顔の魅力にも触れてほしいですね」

目下、『あまちゃん』以外にも、『スターマン・この星の恋』(フジテレビ系)ほか、ドラマや映画にとますます活躍する彼女。今回のグラビアをきっかけに新しいファンはますます増えるに違いない。

(撮影/熊谷 貫)

週プレNEWS

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング