2000円のブラジャーを愛用。カトパンの庶民派な素顔とは?

週プレNEWS / 2013年8月25日 12時0分

かなりの高収入にもかかわらず、経済観念はしっかりしているカトパン

一部報道で年収2000万円とも3000万円ともいわれるカトパンこと加藤綾子アナ(フジテレビ)だが、素顔はかなり庶民的のようだ。

まず、移動について。早朝番組を担当しているため、出勤はタクシーを利用しているが、帰宅は基本的に電車だという。同局の関係者が話す。

「お台場からゆりかもめに乗って新橋駅まで行き、そこから山手線を乗り継いで家に帰っています。いくら人気があろうが、女子アナはほとんど経費が使えないので、タクシーに乗るときは大半が自腹。彼女は『ワンメーターでももったいない!』と、どんなに疲れていても電車を使っていますよ。一応、メガネで変装しているものの、友人と一緒だと話し声でバレちゃうらしい(笑)」

続いて、こんな証言も。

「目黒にある激辛ラーメン店『蒙古タンメン 中本』で、ミタパンと一緒に食事していました。何より驚いたのは会計のときにポイントカードをもらっていたこと。ちゃんとポイントをためるんだって好感度が上がりましたよ」(目撃した会社員)

そして、身につけるモノもリーズナブル。過去に担当番組『超潜入!リアルスコープHYPER』で下着の値段をバラされたのだが、その金額は……。

「財布の中身チェックのターゲットにされ、下着を買ったレシートを画面に映されてしまったんです。それによると、ブラは2205円で、パンツは1260円。いやぁ、彼女に親しみがわきましたよ(笑)」(女子アナウオッチャー)

庶民派というよりケチ?

●加藤綾子(かとう・あやこ)




1985年4月23日生まれ、埼玉県出身。国立音楽大学卒業。2008年入社。主な担当番組は『めざましテレビ』『ホンマでっか!?TV』など。本人いわく、「高級なレストランに行くより、普通の居酒屋のほうが気がラクでいい」とのこと

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング