【年末ジャンボ宝くじ】“運気のいい”注目売り場はココだ!

週プレNEWS / 2013年11月27日 18時0分

年末恒例の一攫千金チャンス「年末ジャンボ宝くじ」(第651回全国自治宝くじ)が全国で販売中だ(12月20日まで)。

1等賞金は昨年より1億円アップの5億円に増額されて、前後賞も合わせれば賞金7億円。さらに今回は「大晦日特別賞」5万円が18万本(60ユニットの場合)も用意されている。

実は昨年、宝くじファンを驚かせる異変が起こったのをご存知だろうか。全国にその名をとどろかせる宝くじ売り場である「西銀座チャンスセンター」(東京)が、1等当せん本数で「大阪駅前第4ビル特設売場」(大阪)に抜かれてしまったのである。

運気に何が起こっているのか? 風水師の徳山天恵先生に聞いた。

「大阪が強かったのも当然ですね。昨年、金運を呼び込む“吉方位”は西でしたから。しかし、今年は『2020年東京五輪招致』や『富士山の世界遺産登録』と東で大ごとが次々に決定したことからもわかるとおり、東が吉方位。今回は東京の売り場が巻き返すのでは?」

具体的には?

「特に東京五輪で再開発が進みそうな東京湾岸や富士山の麓(ふもと)には運気が流れ込むはず」

こうした徳山先生のアドバイスをもとに選定した「今年の注目売り場」が、以下の8ヶ所だ!

・北海道・苫小牧ステイCC




2008年7月にオープンして以来、昨年初めて年末ジャンボで1等を出す。2年連続なるか?

・福島・平一丁目宝くじセンター




3年連続で年末ジャンボ1等当せん中と絶好調。3度あることは4度あるに違いない!

・東京・羽田空港駅センター




昨年1等を出し、東京オリンピック開催で脚光を浴びるエリアで風水でもベストな売り場

・静岡・市河たばこ店




富士山の世界遺産登録効果で観光客が殺到しているため、お膝元の同店にも期待大

・大阪・大阪駅前第4ビル特設売場




昨年の年末ジャンボ1等当せん本数5本は堂々全国1位。関西人ならここで買うしかない

・三重・つぼや




20年に一度の式年遷宮を迎えた伊勢神宮そばにあるこの売り場なら今年はご利益あり?

・香川・観音寺CC




今年ロト7で1等8億円を2本出したことで有名になった同店なら年末ジャンボも?

・鹿児島・天文館CC




昨年の年末ジャンボは不発ながら、1987年から75人も億万長者を輩出している名店

※CC=チャンスセンター

なお、徳山先生いわく、「宝くじを買ったら、家の南側の風通しのいい所に保管してください。勝負運がつきますよ」とのこと。

■週刊プレイボーイ49号「2013年末、<年末ジャンボ+ロト7>1等W当せん15億円で人生一発大逆転!!」より

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング