総選挙1位で見せた今年のベストスマイル。HKT48指原莉乃が「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2013」受賞!

週プレNEWS / 2013年11月30日 6時0分

今年、もっとも笑顔の輝いている2人、指原莉乃と山本裕典。指原は白い歯のために、2週間に1回、歯医者さんに通っているという

HKT48の指原莉乃が、日本歯科医師会の選定する「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2013」の著名人部門を、俳優の山本裕典とともに受賞。「いい歯の日」である11月8日に、都内で行なわれた授賞式に参加した。

普段とは違う、大人ばかりの厳粛な雰囲気の会場に指原は、「すごく緊張していて、出る直前に転んでしまいました。場に似合わなすぎて緊張しているんですけど、さっそく実家の家族やおじいちゃんおばあちゃんに報告したいと思います」とほほ笑んだ。

今年一番のスマイルを見せた出来事について聞かれると、「総選挙」と答え、「悔しい思いをたくさんしてきたので。でも、1位になったその場では素直に喜ぶことができなくて、笑顔を見せられなかった」と明かしつつ、「握手会やコンサートでファンの方に報告とお礼をさせて頂いた時は、笑顔になることができて、そこが今年一番の笑顔」と答えた。

歯のために心がけていることについては、「歯医者がすごく好きで、2週間に1回行っている」という意外な事実を明かしながらも、「歯を磨くのがヘタみたいで、定期的にキレイにしてもらっています。握手会があるので『あれ? 歯が汚い』って思われたらイヤなので、しっかりケアをしています」と、ファンと接する機会が多い彼女ならではのエピソードを語った。

そして最後に「来年も総選挙があったら、良い歯でいい笑顔でみなさんにお届けできたら。この賞を胸に1位を目指して来年も頑張りたいと思います!」と力強く、来年の総選挙1位獲りを宣言した。

(取材・文・撮影/関根弘康)

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング