話題のハイサワー「美尻カレンダー」とタモリの意外な関係

週プレNEWS / 2013年12月9日 6時0分

居酒屋で見かけるハイサワーのカレンダー。実は、ある人気テレビ番組に感謝と敬意を込めて作成された

健康的な水着女性のヒップに「ハイサワー」の文字――。ハイサワーの博水社が発表した“美尻カレンダー”が、居酒屋に集まるビジネスマンたちの間で話題になっている。

このカレンダーに登場しているのは、完璧としか言いようのない“美尻”だけ。芸術的ともいえるその形、そのふくらみ、その質感に、男たちの視線が釘付けになるのも無理はない。

実はこのカレンダーは2010年から製作されていて、今年の発行部数はなんと約7000部。ちょっとしたアイドルの写真集よりも多い数字なのだ。

なぜ、博水社はこの“美尻カレンダー”を作ろうと思ったのか? 田中秀子社長が教えてくれた。

「2009年の秋にテレビ番組の『タモリ倶楽部』がハイサワー製品の飲み比べをしたんです。このお酒をこのハイサワーで割るとおいしいとか……。ちなみにタモリさんは、ウイスキーをハイサワーのうめで割る“うめサワー”が好きだと言ってました。それで、番組のおかげでハイサワーが人気になったので、何かお礼をしたいと思ったんです。

『タモリ倶楽部』って、オープニングとエンディングにお尻が出てきますよね。だから、感謝と敬意を込めてお尻のポスターにタモリさんの好きなうめサワーのレシピを入れて居酒屋さんに差し上げていたんです。それがあまりも人気だったので、じゃあ2010年のカレンダーも作ろうということになったんです」

なんと、美尻カレンダーは『タモリ倶楽部』へのリスペクトだったのだ。

こうして作られたカレンダーだが、その美尻選びは厳しい。最初の作品でも3000枚を超える応募のなかから6枚を選ぶという激戦だったが、2014年版になると約4万枚という超激戦をくぐり抜けてきた“美尻中の美尻”しか載ることが許されないのだ。

その美尻選びの基準とは何か?

「まず、ハイサワーは炭酸なので、ピチピチ感があるかどうかです。そして、お酒はワイワイ楽しむものなので、話が盛り上がる楽しさや元気さがあるかどうか。最終的には、ワクワク・ドキドキするかどうかです。それに、顔はお化粧などで、ある程度キレイに見せることはできますが、お尻は素のままですよね。人前に出しても耐えられる、素のお尻がキレイな人ってなかなかいないんですよ」

4万枚から選ばれた、美尻中の美尻。まだ見ていない人は、今度、居酒屋さんに行ったときに壁をチェックしてみよう!

(取材/村上隆保)

■週刊プレイボーイ51号「緊急アンケートでわかった美尻グランプリ(B1)No.1はこの尻だ!」より

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング