原発を保有する理由のひとつは、他国への“核の脅威”

週プレNEWS / 2014年2月6日 10時0分

今回の東京都知事選で争点のひとつに上がり、改めて日本国民がその存在について考えることになった原発。

経済成長を支え、豊かな暮らしを享受するには電力の確保が必要という意見。一方で、増え続ける核のゴミという解決策のない問題をいつまでごまかしながら稼動していくのか、そして再び大事故が起こったらどうするのかという不安。日本の将来を見据えた上で、原発は避けては通れない問題になっている。

だが、上記以外にも原発を保有することには大きな意味があるという。外務省の現役キャリア官僚であるS氏が指摘する。

「私は個人的には脱原発派です。でも、脱原発となれば日本国民の生活にどのような影響があるのかも皆さんには知っておいてもらいたいです。実は日本を取り巻く諸外国も、今回の都知事選には非常に高い関心を持って見ているのです」

それは国家の安全保障への多大なる影響だ。

「皆さんは考えたこともないかもしれませんが、脱原発とは“核を放棄する”ということでもあるのです。これが何を意味するか? 世界は、特に日本と国境を接するアメリカや中国、ロシア、韓国は“ある日突然、巨大な核保有国が誕生するリスク”を日本に対して感じています。

日本は非核保有国の中で唯一、使用済み核燃料を再処理する権利を持っている国です。それはつまり、核兵器の原料となるプルトニウムを大量に保持していることを意味します。だから日本がその気になれば、大した準備期間もなく、突然に核保有国宣言をすることが理論上可能なのです」(S氏)

さらにS氏は続ける。

「日本人としては憲法とか非核三原則の問題をすごく大事に考えていますが、世界の常識では、イザとなれば即核武装できる国という見方です。だから世界は、日本がそんな気を起こさないよう、意外と気を使ってくれているのです。

これがもし脱原発となれば、核保有国から見れば日本の軍事力なんて竹槍に毛が生えた程度にしか見えなくなり、いろんな場面で気を使う必要なんてなくなります。特に中国やロシアは、今よりも露骨に上から目線の態度に出てくるでしょう。

アメリカ政府をはじめ、他国はみんな日本の脱原発を望んでいます。だから“細川&小泉”の勝利に期待しています。アメリカも中国もロシアも大嫌いな石原慎太郎さんが原発維持を主張しているのは、実はこの理由が大きいのだと思います」

“核放棄”の影響はまだある。

「いざとなったら核武装できるというジョーカーを失うと、日本はいよいよ安全保障面で100パーセントアメリカに依存せざるを得なくなります。こうなると不安なのが、安倍政権が進めている集団的自衛権です。

今以上にアメリカに逆らえなくなる日本は、例えばアメリカが自分たちの経済的メリットのために起こした中東での戦争などに首を突っ込まされることになると思います。

これは経済的にも甚大な負担になるでしょうし、日本がイスラム原理主義組織などからテロの標的にされる恐れも出てくるのです。東京の大繁華街やオフィス街で自爆テロが起き得るのです。そこまで想像して脱原発を望むのかってことなんです」(S氏)

原子力容認、脱原発のどちらを選んでもリスクがあるのかもしれない。そのうえで、日本国民はどんな未来を選択するのだろうか。

(取材/菅沼 慶)

週プレNEWS

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング