西尾由佳理、中野美奈子は大苦戦! “地味系”フリーアナがブレイクする理由

週プレNEWS / 2014年3月16日 6時0分

元日本テレビの西尾由佳理アナ。昨年、鳴り物入りで情報番組『アゲるテレビ』(フジテレビ)に抜擢されるも、低視聴率が原因でわずか半年で打ち切りになってしまった

近年活躍が目覚ましいフリーアナたちだが、局アナ時代の人気と逆転現象が起きている。というのも、往年の看板アナたちが苦戦するなか、在局時は堅実に仕事をしていた女子アナたちがブレイクを果たしているのだ。

代表的な例でいえば、週プレで鮮烈な水着姿を披露して注目を浴びている脊山(せやま)麻理子アナ(元日本テレビ)や、度を越した開運トークで話題の亀井京子アナ(元テレビ東京)。そして、俳優・前川泰之とのラブラブ夫婦ぶりが人気の政井(まさい)マヤアナ(元フジテレビ)など、トーク番組をはじめとしたバラエティに引っ張りダコなのである。

女子アナ評論家の戸部哲也氏が解説する。

「局アナ時代はお堅い番組を担当することが多かったため、彼女たち自身のキャラクターにスポットライトが当たることはほとんどありませんでした。だからなおさらイメージと素顔のギャップが大きく、それが視聴者にウケているのでしょう」

片や西尾由佳理アナ(元日テレ)や住吉美紀アナ(元NHK)、中野美奈子アナ(元フジテレビ)など、全国的な知名度を誇る女子アナたちはどこか元気がない。

「局アナ時代の人気が高かった分、必然的に制作サイドも大きな期待を寄せてしまうのですが……思うように視聴率が取れないと失望につながってしまう。フリー転向後に担当したフジの情報番組が打ち切りになった西尾アナや住吉アナがいい例です。いまさら、バラエティ番組のひな壇には座れないでしょうし、先行きは厳しい」(戸部氏)

プライドを捨てるしかない?

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング