春の番組大改編で、女子アナ界の勢力図が大きく変わる?

週プレNEWS / 2014年4月20日 6時0分

フジテレビの加藤綾子アナは『めざましテレビ』に加え、『バイキング』の火曜・木曜日に出演。生放送が2本になったことで、より激務になった

今春に行なわれた番組改編は、日本テレビを除き、各局の幹部が「数年に一度」と番組編成会見で説明したほど、大規模なものだった。

番組が多く入れ替われば、女子アナの担当番組も必然的に変わってくる。というわけで、この春、注目すべき女子アナたちを紹介していこう。

日本テレビの出世頭は中島芽生(めい)アナ。夕方の報道番組『news every.』のサブキャスターに大抜擢されたのだ。女子アナ評論家の戸部哲也氏が話す。

「学生時代はBSフジのキャスターを務めるなど、もともと素養があった。それでも、日テレはかなりの英断だったはず」

TBSは佐藤渚アナが早朝番組『あさチャン!』のニュースキャスターを担当。

「深夜番組『女子アナの罰』ではしょっちゅう罰を受けていましたが、そのイメージとは裏腹に『あさチャン!』ではマジメな一面を見せている。そのギャップがいい」(戸部氏)

出演番組が急増したのは、テレビ朝日の宇賀なつみアナだ。『グッド!モーニング』のほか、新番組『ここがポイント!!池上彰解説塾』『初めて○○やってみた』を担当することに。

フジテレビとテレビ東京は、ともに看板アナが注目番組に起用された。

「フジの加藤綾子アナは『笑っていいとも!』の後番組『バイキング』のMCを務め、テレ東の大江麻理子アナは『ワールドビジネスサテライト』のキャスターに就任。どちらも局を挙げて力を入れている番組で、惜しみなくエースを投入したということでしょう」(戸部氏)

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング