日本全国の絶品唐揚げが集結!「第一回からあげフェスティバルinイオンモール幕張新都心」が開催中!

週プレNEWS / 2014年4月28日 11時0分

日本全国から集まった味自慢の唐揚げが一度に味わえる「からあげフェス」。おなかを空かせて幕張へGO!

4月26日(土)から29日(火・祝)まで、「第一回からあげフェスティバルinイオンモール幕張新都心」が開催されている。

イベントには全国から選ばれた唐揚げ専門店35店舗が集合。25日に発表された、日本唐揚協会が主催する「第5回からあげグランプリ」の受賞店の一部も参加している。

2012年ごろから全国的にブームとなり、各地に専門店も続出した唐揚げ。昨年まで、「からあげの聖地」として知られる大分県中津市でこの「からあげフェスティバル」が行なわれてきたが、今回はその全国版としてリニューアル、千葉での初開催となった。

ひと口に唐揚げと言っても、その味や見た目など種類はさまざま。醤油や塩ダレをベースにした王道もあるが、一風変わった唐揚げの店も多数出店していた。

まず見た目にインパクトがあるのは、鶏の半身をそのまま揚げた「若鶏時代 なると」(北海道小樽市)の「若鶏半身揚げ」や、「でら旨!鳥吉☆GUY」(愛知県名古屋市、今秋オープン予定)のチューリップのような形をした唐揚げだ。

また、唐揚げといっても食材は鶏だけではない。グランプリで「素材バラエティ部門」の最高金賞に輝いた「サバの駅」(青森県八戸市)は店名の通り、サバを使った唐揚げを、「小田原 吉匠」(神奈川県南足柄郡)では鯵(アジ)の唐揚げを提供するなど、魚の唐揚げも出展している。

そして、その食べ方が不思議なのが、解凍して冷たいまま食べる「努努鳥(ゆめゆめどり)」(福岡県福岡市)。衣だけでなく、肉自体のパリパリした食感を残すため、温めてはいけないそう。

 

同イベントを訪れたファミリーも「こんなに唐揚げに種類があるとは知らなかった。一日で全部は回れそうにないので、この機会に珍しいものに挑戦しています」と、その豊富な種類と個性的な唐揚げに驚いていた。

各店、商品は「お試しパック(3~4個)」、「レギュラーパック(6~8個)」、「ファミリーパック(12~16個)」の3種を用意(一部店舗を除く)。ショッピングついでに訪れた参加者も気軽に食べられるようになっている。

家庭の食卓にのぼることも多く、おかずの定番となっている唐揚げ。GW前半、ブームに乗って進化した、いつもと違った唐揚げを食べてみよう!

■「第一回からあげフェスティバルinイオンモール幕張新都心」




開催期間:4月26日(土)~29日(火・祝)




場所:イオンモール幕張新都心




http://makuharishintoshin-aeonmall.com/karaagefestival/

 

週プレNEWS

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング