戦隊ヒーロー特撮映画『女子ーズ』舞台挨拶に桐谷美玲、有村架純ら美女5人が登場!

週プレNEWS / 2014年5月23日 6時0分

女性陣はこの日、それぞれのテーマカラーのワンピースで登場。戦隊ヒーローのポージングで凛々しく(?)キメた

6月7日に全国公開される映画『女子ーズ』のプレミアム試写会が21日、都内で行なわれ、福田雄一監督や俳優の佐藤二朗とともに、主演の美女たち、桐谷美玲有村架純山本美月藤井美菜高畑充希が舞台挨拶に登場した。

『女子ーズ』は桐谷ら5人が“戦隊ヒーロー”となって、地球を侵略しに次々と現れる怪人たちを倒す特撮映画。深夜ドラマ『勇者ヨシヒコ』を手がけた福田監督らしく「ひと言でいえば、ぬるいもの」と、コメディとして楽しめる作品となっている。

戦隊ヒーローといえば、男子のイメージだが、有村は「私はダイレンジャーが小さいときから好きで、憧れのヒーローになれた気がして、すごい無敵でした」、山本も「常日頃、敵を倒してみたいと思っていたので夢がかなってうれしい」と喜びを語った。

撮影中は、コスチューム姿で写真を撮ったりと和気あいあいとしていた女性陣。高畑は「何度もみんなでご飯行こうって企画するのに、(全員揃わず)みんなちょっとめんどくさくなっちゃう(笑)」と仲の良い気楽な関係であることを明かした。

しかし一方で、桐谷に「ずるい」と一刀両断されたのは佐藤だ。

「どんどん(面白い)アドリブ入れてきて。しかもリハーサルと本番で変えて、本番はパワーアップしてるから笑いがこらえられない」

と苦情が。さらに撮影中「堪えられなかったら下向いて」と出演陣に指示した福田監督からも「結局、みんな下向きすぎて使えないカットばかりだった」と思わぬ八つ当たりをされた。

とにかく笑いの溢れる同作品。福田監督は「有村の口からすごい罵詈雑言、特に(アドリブで)『つぶすからな、おい!』って。わっ、すげーって爆笑しました」と満足げ。藤井も「若手の女優さんたちから思いがけない言葉が」と、そのセリフを撮影の思い出として挙げた。

桐谷をはじめ、話題の美女5人が出揃う同作品。出演者の美しさだけでなく、彼女らの意外な一面に要注目だ。




週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング