男なら誰もが一度は憧れたはず! 夢の“男買い”をしてみませんか? <電車貸し切り&ミサイル射撃編>

週プレNEWS / 2014年8月10日 6時0分

大阪市と堺市をトコトコ走る阪堺電車。普段とは違った異空間にテンションアップ間違いナシ!!

今も昔も心弾む夏休みの季節ーー。せっかくなら童心に返りつつも、大人になった“プチぜいたく”体験をしてみては? 子供のころの夢が意外なほど安い値段で実現できるかも……

というわけで、ひとつ目は“電車の貸し切り”。いつもならギュウギュウ詰めになって会社に行っている人も多いかもしれないが、仲間同士で貸し切れば、楽しい空間に様変わり!

■鉄道ファンなら一生に一度はやってみたい

鉄道ファンなら一度は夢見るのが電車の“運転”と“貸し切り”だろう。さすがに運転となるとハードルが高いが、貸し切りならば方法はある。“プチ”で夢を叶(かな)えるなら、路面電車がお手軽だ。

例えば、大阪市と堺市を走る阪堺電車では、わずか5万5200円で路面電車を貸し切るプランを売り出している。ひとりでもいいが、定員の35名まで仲間を集めれば、ひとり当たり約1600円というカラオケ店並みのお手頃価格に。

途中2回の休憩を挟み、2時間10分の間、たっぷりと電車を占有する満足感は最高! 実際、年間200回以上も利用される人気プランとなっている。

電車内は火気厳禁だが、貸し切り運行のため飲食物の持ち込みはOK。結婚式の2次会、誕生日のお祝い、同窓会など、動くパーティスペースとしての使い道は幅広い。

モデルコースとなるのは、天王寺(てんのうじ)駅前発、浜寺駅前、我孫子道(あびこみち)を経由して天王寺駅前に戻るルート。行ったきりじゃなく、元の場所に帰ってこられるので、集合&解散にも便利だ。

実際に結婚式の2次会に使用した人の声を聞いてみよう。

「僕自身が鉄道マニアなので、友達のパーティを利用して、ちゃっかり楽しませてもらった感じですね。参加者にはほかにも鉄道好きが多くて、みんな新郎新婦への祝福そっちのけで、電車内の各所を見ては写真を撮り、運転席をのぞいては歓声を上げ、別の意味で大盛り上がりとなりました(苦笑)」(幹事のAさん)

一方、東京では、都電荒川線で車両を1両丸々貸し切りにすることができる。 こちらも片道1回1万3820円とリーズナブルな料金。映画やドラマの撮影にも使用されるが、ほかにもグループでの小旅行やサークルの発表会、彼女へのサプライズ演出など、使い道はたくさんありそうだ。もちろん、ひとりでボーっと乗るだけというのも最高のプチぜいたく

ただし、こちらは飲食不可なので、貸し切りパーティを開くというわけにはいかない。

この2路線以外にも、香川・高松の「ことでん」、京都・京福電鉄の「嵐電(らんでん)」、富山・富山地方鉄道の「レトロ電車」など、探せば貸し切り可能な路線はまだまだある。

ここに紹介したのは「営業メニュー」として貸し切りを実施している例だが、実は、私鉄の場合、人数がそろえばバスと同じように臨時で貸し切り運行を行なう会社も多い。

一緒に乗車してくれる仲間がたくさんいるならば、修学旅行のときみたいに車両単位、あるいは列車単位で貸し切りにすることもできるのだ。

ふたつ目は、“戦争は嫌いだけど兵器は好き”、そんな男の願望を叶える、ちょっとアブナイぜいたく“ミサイル発射体験”だ。

■ホンモノをぶっ放す快感!?

海外旅行のオプションで、根強い人気がある実弾射撃。有名なところでは、ハワイや韓国にスポーツ射撃場があり、アニメでおなじみのワルサーP38や、米軍の使うベレッタM9など人気銃がズラリ。

しかし、上には上がある。カンボジアでは、軍直営の射撃練習場で、軍事訓練体験の一環として各種銃器の発射訓練が受けられる。そこでは、M16などの自動小銃はもちろん、教官の指導の下、ベルト給弾のM60機関銃を100連射して標的を粉々にするなんてことも可能だ(笑)。

そして、なんといっても究極は、RPGと呼ばれる携帯型対戦車ロケット弾の発射訓練。ここで体験しても実際に戦車を撃つ機会があるとは思えないが、ヘリコプターや戦車すら破壊する歩兵最強の武器を実射できる機会はめったにない。

持ってみると、発射機部分はアルミ製のため想像より重くない。ところが、いざ装弾すると、ズシリと重いロケット弾でバランスが前のめりに。しっかり構えていないと砲身が前に傾きそうになる。防音イヤーマフをつけて、軽く口を開ける。口を閉じていると爆音で鼓膜が破れる恐れがあるからだ。カウント後、イッキに引き金を引く……。

「バム!」という轟音(ごうおん)と白煙で目の前が真っ白に。5秒後、900m先の山肌に着弾したロケット弾は、ズシンという爆音とともに派手な爆煙を上げた。このロケット弾発射訓練体験は、1発5万円なり! 人生観を変えるには十分な迫力だ。

(取材・文/ダカーポ)

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング