ミニスカ&生脚で奮闘する葉山エレーヌ。夏イベントに出ずっぱりの理由とは?

週プレNEWS / 2014年8月31日 6時0分

若手に交じり、イベントにヘビロテで出演している葉山エレーヌアナ

各局で夏イベントが催されているが、特に女子アナの登場率が高いのが日本テレビ「汐博2014」。ステージ企画のひとつに「アナチラッシュ」というコーナーがあり、日替わりで局アナたちがトークショーを繰り広げているのである。

女子アナを撮り続けて10年のベテランカメラマンが話す。

「基本的には“手の空いた女子アナがチラッと登場する”という企画なんです。だから、水卜(みうら)麻美アナをはじめとした多忙の人気がある女子アナたちはほとんど出演しておらず、新人アナなどが中心になって担当しています」

そんななか、若手に交じってヘビーローテーションで出演している中堅アナが……。葉山エレーヌアナである。

「彼女は今年4月に離婚し、現在はシングルマザーとして子育てをしている状態。そうした経緯もあり、地上波のレギュラー番組を持っていないんです。だから、時間的な余裕はかなりあると思いますよ。表舞台に立つ機会は久しぶりなので、本人はかなりヤル気マンマンみたいです(笑)」(日テレ関係者)

その気合いはイベント出演時の服装にも表れている。

「今年32歳ですが、ある日の『アナチラ』では、胸元がザックリ開いたシャツにデニムのミニスカートというファッションで登場していました。しかも、生脚(苦笑)。実は彼女、離婚の心労で体重がかなり落ちたようで、そこだけは本人も喜んでいたんです。もしかすると、自慢のスタイルを見せたくてしょうがないのかもしれないですね」(前出・関係者)

●葉山エレーヌ




1982年7月29日生まれ、フランス・パリ出身。明治大学政治経済学部卒業。2006年入社。2012年に年下のIT企業社員と結婚。昨年2月に男児を出産。同年4月から職場復帰するも、その1年後に離婚を発表した

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング