復活「テレフォンショッキング」で宇宙人ジョーンズ相手にタモリが往年のイグアナ芸を披露!

週プレNEWS / 2014年8月28日 23時0分

宇宙人のゲストはもちろん初めて(笑)。「普通、宇宙人って言ってる人はテレビ出ないですからね」とツッこみ、笑いを誘った

日本のお昼を象徴していた「いいとも!」のテレフォンショッキングが復活――。しかも、その舞台はなんと長期シリーズを誇るあの大人気CM?

28日、サントリーコーヒー「BOSS」の新商品「プレミアムボス」新CM記者発表会見にタモリが出席。ついに、あのジョーンズ氏と日本の超大物エンターテイナーが競演ということで、都内の会場は大勢のマスコミ陣の熱気に包まれた。

米俳優のトミー・リー・ジョーンズ扮(ふん)する「宇宙人ジョーンズ」が出演するシリーズは、様々なシチュエーションで多彩な有名キャストが登場することでも毎回話題。そこでついにタモリが満を持して…というわけで、期待も大きく、登場するやいなや普段慣れているはずの取材陣からもどよめきと歓声が!

まず気になるCMの内容だが、3月に終了した『笑っていいとも!』をモデルとしたセットで、なぜか宇宙人ジョーンズがテレフォンショッキングに出演しているという設定。

そこで、あの往年の調子で「髪切った?」と聞くタモリや、「宇宙人ジョーンズ」に振られて伝説の“イグアナ芸”を披露するタモリまで見られるというから楽しみすぎる!

今回の発表について「商品CMの記者会見はたぶんない、初めてだと思います」というタモリは、CMの裏話も公開。セットを見て、「ここはよく再現してあるんですよ。で、やっぱり『いいとも!』に関わった人がいました」と関心。しかし、自身のイグアナ芸には

「イグアナを実際にやったのは10何年ぶり。やっぱり、見ると体の柔軟性が失われてますね。もっと変態っぽくなるはずだったんですけど」

と不満足だったたようで反省しきり。そして、初共演どころか初対面だったというジョーンズについては「(収録では)通訳を介してやったけど、全くイグアナの意味はわかってないと思う。『いいとも!』も見たことないでしょうね」と苦笑いだった。一方、「いいとも!」が終わってからのプライベートに話が及ぶと、「最近は、長年思っていた下町のほうをブラブラするのをやっている」と、リアル“ブラタモリ”を満喫していることを告白。ほかにも「意味もなく筑波エクスプレスに乗って、一番前の席を子どもたちと争ってきた」と、悠々自適な生活を心から楽しんでいる様子。

ただ、22日に迎えた69歳の誕生日は「周りの人やマネージャーと焼き鳥を食べただけ」で、「世間は冷たいもので、『いいとも!』が終わると誰も寄ってこない。テレビとは見るもんじゃなく、出るものですね」と、本音ともシャレともとれる口調で嘆いていた。

つい先日には「いいとも!」終了以来、半年振りに決まった10月からの新バラエティ番組も発表されたタモリ。タイトルは『ヨルタモリ』とのことで、宮沢りえをホステス役に毎回ゲストとのトークを披露するとか。寂しさを紛らわすため(?)、さらに今後の露出が期待できそうだ。

(取材・文・撮影/週プレNEWS取材班)

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング