“モテ小技の天才”カオポイント・石橋の20代女子にウケるネオ合コン(1)公園ピクニックコン

週プレNEWS / 2014年10月9日 6時0分

今、若者の合コン事情が変わってきているらしい。

「男女の人数を合わせて居酒屋に集合し……という合コンは、ハッキリ言ってもう時代遅れ!」

と語るのは、3000人以上の女性と合コンした経験を持つモテ小技の天才、カオポイントの石橋哲也氏。

「2010年にあやまんJAPANやオリラジ藤森のようなチャラ男キャラが現れたことで、それ以来“合コン=チャラい”という悪いイメージができてしまいました。そんなマイナスイメージの居酒屋合コンに誘っても女子はノリノリで来てくれるはずがありません。今、男子が知らなければならないのは、まったりと楽しめる『ネオ合コン』なのです! それこそが彼女をつくる一番の近道!」

何っ!? 具体的に「ネオ合コン」ってなんなの?

【ネオ合コン1 公園ピクニックコン

「初心者にまずオススメしたいのは、休日の昼間に公園で開催する『公園ピクニックコン』ですね。男女比はあまり気にせず、できるだけ大人数集めましょう。女性同士が友達である必要もないので、複数の女性の知り合いに声をかけてしまってOKです。

合コンと言わずに『公園で懐かしい遊びをしようと思ってるから、ひとり1個お菓子を持って集合!』などと誘い、警戒心を解くのがポイント。SNSで呼びかけてしまっても問題ありません!」

知らない人たちと大人数で集まることを女子はいやがらないの?

「むしろ喜んで参加してくれますよ。大人数であることがわかると、途中参加・途中退場がしやすくなるので気楽に来れるんです。自己紹介さえしないようなユルいムードが今の女子にはウケるんです!」

で、何をするの?

大縄跳びやだるまさんが転んだ、カンケリ、ドッジボールなど、小学生の頃に学校でやっていた遊びをしましょう。ネオ合コンすべてにいえる勝利の秘訣(ひけつ)は『童心に帰らせること』です! 異性に警戒心がなかった頃の感覚に戻り、子供のように男女の距離を縮められます。

連絡先を交換することを目標にせず、全員で大縄を20回跳ぶことを目標にしてください(笑)。達成できた頃には、連絡先など教え合って当然なほど仲良くなっていますから」

チャラい合コンはもう古い! 公園ピクニックコンでナチュラルに女のコとお近づきになるべし!

(取材・文/黄孟志)

●石橋哲也(いしばし・てつや)




1982年10月8日生まれ。31歳。お笑いコンビ、カオポイントのツッコミ担当。3000 人以上との合コン経験があり、結婚相談所で講師も務める、モテ小技のエキスパート!

■週刊プレイボーイ42号「今どき20代女子にウケる『ネオ合コン』ってなんだ!?」より

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング