700万体以上を売り上げた大ヒット! 『コップのフチ子』大図鑑&制作秘話「実は、売れすぎてやめようと思った?」

週プレNEWS / 2014年10月26日 6時0分

原案者のタナカカツキ氏によれば「コップのフチ子」のキャラクター設定は「特になんの引っかかりもない、ごく平凡な20代のOLさんです。フチには引っかかるくせに(笑)」

2012年7月に発売されるや、わずか1週間で10万個が完売。いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの癒やし系カプセルトイ・シリーズ「コップのフチ子」

大ブレイクした理由は、ずばりふたつある。まず、徹底した造形の奥深さ。例えば、ひざに施されたほのかな赤み。さらにシャツやスカートの絶妙なシワかげん。たった200円のフィギュアなのに、実に精巧なのだ。

もうひとつは、SNS社会の到来を意識した製作サイドの的確なマーケティング。ユーザー間で圧倒的に多いランチの投稿画像に着目、コップに添えられるフィギュアを思いつき、フチ子は誕生。あっという間に拡散されるに至った。

原案者であるマンガ家のタナカカツキ氏が制作秘話を明かす。

「僕はこのフィギュアを“フチ子さん”と呼んでるんです。もはや、彼女はすごい売れっ子なんで、呼び捨てにできない(笑)。

メーカーである奇譚(きたん)クラブの担当者・古屋さんからメールで依頼が来たのは、2011年のことでした。しばらくして、仕事場として使っているサウナでアイデアを100案ぐらい出したんです。そこから10案に絞り込みまして。本当は僕も古屋さんもやりたいフィギュアがあったけど、まずは万人受けしそうなキャラから出してみようと。それがフチ子さんだったんです。

フタを開けてみたら、ものすごい反響でびっくりでしたね。あまりに振り回されて、もうやめようって話になったこともあったんです、1年半前に。でも、世の中の動きが全然止まらない。今は逆に開き直って、どこまでシリーズを重ねられるのか、続けてみようという感じです。フチ子さんは当分健在でしょうね」

次ページからは「コップのフチ子」定番から激レアものまで一挙大公開!

●コップのフチ子




記念すべき第1弾。写真は“ブルー”と呼ばれるシリーズで、服の色を変えたほか6色でシリーズ展開。全7種(うち1種はシークレット)、各200円

●コップのフチ子2




セカンドと呼ばれる第2弾は、2013年6月に発売。写真は“ピーチ”と呼ばれ、さらに他色のバリエは4つ。全7種、各200円

●コップのフチ子3




2014年6月に発売された第3弾=サード・シリーズ。写真の“フレッシュ”と呼ばれる黄色仕様のほか3色をそろえる。心なしかポーズも難易度の高いものがチラホラ。全6種、各200円

【珠玉のコラボ&変わりダネ】




発売以来、コラボレーションのオファーはひっきりなし。ここでは、誰もが知る歌姫や人気アニメとのコラボ商品をご紹介。さらにはトンデモなカプセルトイもフォロー!

●コップのフチのアムロ




8月22日よりスタートしているツアー「namie amuroLIVE STYLE 2014」のパンフレット付属商品。各ツアー会場及び安室奈美恵オフィシャル通販サイト、タワーレコードオンラインストアにて販売中(パンフレット販売価格 ¥3000)(c) VISION FACTORY

●コップのフチのまどか☆マギカ




人気アニメとのコラボも存在する。2013年10月、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編] 叛逆の物語』公開に合わせて、全6種が各400円で発売。ファン垂涎のアイテムに




(c)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion

●コップのフチのアイツ




ファッションブランドPUNK DRUNKERSとのコラボ。第1弾の黒の背広に続いて青の背広、水着といった続編“おかわり”も登場。第1弾、続編とも全7種、各300円




(c)STEAK CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

●コップのフチ子ULTRAS




サッカー日本代表のサポーター集団として、名をはせる「ウルトラス・ニッポン」とのコラボは大きな話題に。全6種(うち1種はシークレット)、各300円

●An&Min




新感覚・耳栓フィギュア「双子の安眠OLAn&Min(アンとミン)」。2013年11月に発売され、反響を呼んだ。全6種、各300円。ほかに新色の別カラーシリーズも

●コップのソコ子




フチにぶら下がってばっかじゃないのよ! と言わんばかりに、2014年8月に登場したのが、このコースター型。各300円、全7種(うち1種はシークレット)。ネイビー仕様もアリ

【鬼レアなフチ子】




「コップのフチ子」の破竹の快進撃を、企業も見逃すハズはない。キャンペーン仕様の非売品や完全限定生産付録、店舗限定商品など、今となっては超希少となってしまったフィギュアを立て続けにお見せしよう!

●AGF〈ブレンディ〉ボトルコーヒー微糖




2013年11月、「微糖のフチ子」として“キャンペーンガール”に。それを記念して、72万本限定のフィギュア付スペシャルボトルが発売された。全6種、非売品

●タワーレコード




2013年4月に、完全生産限定1万枚でリリースされたシングルCD・コップのフチ子公式ソング『きっといい場所(フチ)』につけられたオリジナルフィギュア

●アサヒビール




2013年4月から7月にかけて、アサヒビールの2商品を対象にプレゼントキャンペーンを行なったときの「ボトルのフチ子」4体セット。抽選で9500名に送られた。16体セット「ぐらぐらフチ子」は抽選500名と超レア!

●スイーツパラダイス




全国に37店舗を展開するスイーツパラダイスにて限定発売された、一体200円の「スイパラのフチ子」。全3種となっており、売り切れ次第、販売終了。もう、ほぼないかも

【湯けむりでのフチ子】




とうとう浴衣姿のフチ子が発売されたかと思えば、これとリンクしたテレビ番組『温泉のフチ子』も放送され、DVD化までされる展開に。フチ子はどこまで突き進むのか?

●コップのフチ子




2014年3月より、ディスプレイ用のコップをつけて登場した「コップのフチ子」。全国の温泉地や雑貨店などで販売されるや、品薄状態に。全5種+シークレットカラー、各500円(税別)

*価格は税込みです

●タナカカツキ




1966年生まれ、大阪府出身。マンガ家。代表作に『バカドリル』『オッス! トン子ちゃん』など。映像作家、アーティストとしても活躍中

(取材・文/高橋史門  (c)タナカカツキ KITAN CLUB)

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング