LINE交換だけで終わってる? 女のコとつきあうための正しい活用術(3)いよいよ勝負…の誘い方とは!

週プレNEWS / 2014年11月14日 6時0分

合コンや街コン、婚活パーティで女性とLINE交換まではできたのに、なぜか「次のデート」につながらない!(泣) そんな経験がある“LINEベタ男”は多いのでは? 

そこで、3000人以上の女性と合コンした経験を持つモテ小技の天才、カオポイントの石橋哲也氏が、もう一度会うためのLINE術を指南!

■いよいよ勝負! 正しい誘い方とは?

相手の趣味嗜好(しこう)に関する情報を集め、相手のツボがわかったら、いよいよ「デート」に誘うタイミング! どのように切り出せばいい?

石橋「まず、手順としては、日程よりも先に『何をするか』を伝えること。警戒心を抱かせないよう夕飯以外の口実で誘いたいですね。例えば、女性から聞き出した情報を基に、好きな俳優が出ている映画を選び『チケットを2枚もらったんだけど』と誘うと、OKをもらいやすいでしょう。食事なんて、その流れで会ったときに誘えばいいんです!」

―日程はどう決めればいい?

石橋日程候補は、多めに送ることが鉄則! ピンポイントで誘ってしまうと『その日は予定が……』と断られたとき、本当に予定があるのか、いやがっているのか判断ができずややこしいので、相手が『空きがち』だと言っていた曜日を2、3週分候補として挙げるように。予定がすべて埋まっていることはないはずなので、もしも『全部埋まっちゃってる』などと言われ、ほかの候補日も伝えられない場合は、残念ですが脈なしだと諦めましょう。基本的には、ここまでやりとりが続いていればOKをもらえる確率のほうが高いですよ!」




―「まだわからない」と言われたことがあるんですけど……。

石橋「女性がデートにそもそも前向きだったら『この日はNGだけど、この日なら行けるかも』と答えてくるはず。『まだわからない』とだけ言われた場合、女性は『嫌いではないけど、ふたりで行くのはちょっと不安……』と悩んでいる可能性が高いですね。そんなときは一度引き下がり、2、3日、間を置いてからあらためて『友達も呼んでみんなで遊ぼう』と誘ってみると、すんなり日程が決まったりしますよ。男はひと目惚れしがちですが、女性は相手と何度も会ってから好きになるものなので、脈はまだあると考えてください!」

最後に、石橋氏にLINEに関する素朴な疑問も聞いてみた。

―合コン時にグループLINEをつくるときありますよね? その場合って、どう攻めるべき?

石橋「グループLINEを活用しない手はないです! まずは焦らず、その女性のLINE上での動向を探る。自分から発信するタイプなのか、すぐに返信するタイプなのか、何時頃まで起きているのか……など様々な情報を収集するんです。そして、少したってからグループで盛り上がっている話題について『本当はこう思うんだけどね』などと水面下で個人に送ることで、自分に対する脈が測れます。あちらが個別に返信してきたら脈あり、無視されたら脈なし! 脈ありの場合、今まで仕入れてきた情報を基にどんどん“個人攻撃”しましょう!」

―最初からひとりの女性にだけ連絡するのはなし?

石橋「“個人攻撃”は危険です。女子は必ず水面下でつながっています。相手の女性も悪い気はしないでしょうが、ほかのメンバーに“個人攻撃”されていることがバレて、やっかみや冷やかしを受けると、急に恋心が薄れてしまう可能性があります。かといって、同じメールを全員に送ると『誰でもいいの?』と顰蹙(ひんしゅく)を買うので、当日の会話に応じた内容のLINEをそれぞれに送るのが正解ですね

(取材・文/黄 孟志)

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング