『モヤさま』の狩野恵里アナが“一緒に飲みたくない女子アナNo.1”から変貌、女っぽくなった?

週プレNEWS / 2014年11月16日 6時0分

12月開催の「柔道グランドスラム東京」の中継リポーターに抜擢された狩野恵里アナ

『モヤモヤさまぁ~ず2』のアシスタントに抜擢(ばってき)されて以来、「好きな女子アナ」ランキングの常連になっているテレビ東京の狩野(かのう)恵里アナ。局内の評価もうなぎ上りで、スポーツ番組を担当していないにもかかわらず、12月開催の「柔道グランドスラム東京」の中継リポーターに抜擢されたほどだ。

「いまや狩野アナはうちの数少ない看板アナのひとり。決して原稿読みがうまいわけではないんですが、最終的には勢いで押し切ってしまうタイプ。パワフルな性格をしているので、『モヤさま』などカラダを張る仕事が多いのも彼女の特徴」(同局関係者)

そんな彼女だが、最近になってある変化が見られるようになったという。

「女っぽくなったんですよ(笑)。以前はTシャツにデニムといったカジュアルなスタイルだったのに、今はミニスカートなど脚を出すような服装が増えた。なんでも街で声をかけられることが増え、女子アナらしくいなきゃと思ったからだとか。別に調子に乗っているわけではないはず(笑)」(前出・関係者)

また、服装だけではなく、飲み会での振る舞いも気をつけるようになったという。親交のある女性局員が話す。

「以前、狩野アナは『一緒に飲みたくない女子アナ1位』だったんです(笑)。酔っぱらうと全力で殴ってくるし、ヒドいときはワインを人に浴びせたり……。本当に手に負えなかったんですが、最近は人目を気にしてお店ではムチャをしなくなりました」

人間としても成長した?

●狩野恵里(かのう・えり)




1986年10月29日生まれ、東京都青梅市出身。国際基督教大学教養学部卒業。2009年、テレビ東京入社。松丸友紀アナと秋元玲奈アナと仲が良く、3人で「ホットヨガ部」を設立している。運動神経は抜群

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング