カトパンの指名率が激減? 特番のキャスティングに異変で貧乏ゆすりが止まらない!

週プレNEWS / 2014年11月23日 6時0分

フジテレビで長期政権を築き上げていた加藤綾子アナ

フジテレビで長期政権を築き上げていたカトパンこと加藤綾子アナだが、いよいよその地盤がぐらつきつつあるようだ。同局の中堅局員が話す。

「時期的に年末特番のキャスティングが決まりつつあるんですが、カトパンの“指名率”が下がっているという話なんです。基本的にアナウンサーは、制作サイドからオファーがあって番組出演が決定する。昨年まではカトパンのスケジュールが取れなくて頭を抱えるプロデューサーが多かったんですけどね。今年は三田友梨佳アナや新人の永島優美アナの需要が高まっているみたい」

だが、カトパン離れの要因は若手アナの台頭だけではないという。

「ダルビッシュ有(レンジャーズ)との密会報道以来、好感度が急降下してしまった。週刊誌の『嫌いな女子アナランキング』で断トツ1位になったのがその証拠でしょう」(前出・局員)

この状況にカトパンも相当ショックを受けているとか。

「女子アナの人気ランキングは、みんな隠れてチェックしているんです。カトパンも結果を見たらしく、最近はずっとイライラしていますよ。あるスタッフによると、打ち合わせ中、ずっと貧乏揺すりが止まらなかったらしい(笑)」(同局関係者)

10月末にお台場で開催されたハロウィンイベントで、『アナと雪の女王』のエルサに扮したカトパン。「女王は私よ」というメッセージだったのかもしれないが……政権交代も時間の問題かもしれない。

●加藤綾子(かとう・あやこ)




1985年4月23日生まれ、埼玉県出身。国立音楽大学卒業。2008年入社。現在の担当番組は『めざましテレビ』『ホンマでっか!? TV』など。先月は体調不良で『めざましテレビ』を途中退席するハプニングがあったが、心労も原因のひとつだった!?

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング