冬の静電気、マジで死んだりする可能性はないのか?

週プレNEWS / 2014年12月1日 6時0分

冬、それは静電気の季節。この世には静電気の「バチン!!」がひどすぎて「いつか本当に死ぬんじゃないか……」とマジメに悩む人もいるという。それは本当に“悩みすぎ”なのか?

この時期、本誌編集部では「静電気被害者の会」ともいうべき面々からこんな悲痛な声が…。

「家の鍵を開けるとき、毎回火花が見えるくらいの静電気がきて、万一、家の中でガス漏れしてたら爆発?と、いつも帰宅は命がけ!」(40代男性編集・ウチヤマ)、「飼い猫に触るたびにバチバチ静電気がくるんです。猫ちゃんにもし何かあったらと思うと…(泣)」(30代女性スタッフ・ワタナベ)、「僕はトイレで手を洗うのが憂鬱です、自動で水が出てくるタイプの蛇口、冬になると絶対バチン!ときません?」(30代男性編集・トダ)

皆それに「あるある…」と、かなりお悩みの様子だ。

その謎を解き明かすためには、静電気が発生するメカニズムをまず知らねば! 昭和大学医学部客員教授の堀泰典(やすのり)氏が語る。

「一般的に『静電気』と呼ばれている、冬場『バチッ』となる現象は、正確には『火花放電』といいます。これは体の表面にたまっていた静電気が金属などに触れて一気に放電されることで起こる現象です。

静電気は物体同士が摩擦することで発生します。人の体に帯電する場合は、着ている衣類と皮膚の摩擦が最も大きな原因となりますが、指とPCなど、あらゆる摩擦によって静電気は発生し、体にたまります」

では、それがなぜ冬に起こりやすいのか?

「空気が乾燥しているからです。水は電気を通しやすいので、湿度が高い季節は体から空気中に自然と放電できるのですが、湿度が低いと静電気が逃げ場を失ってしまうからです」

また、静電気が特にドアノブやエレベーターのボタンなどで起こりやすいのは「指先で触れる場所だから」という。

「静電気はとがったところ、例えば指先から集中して放電されるので、強い電流が一点に流れ、痛みを感じます。逆に、手のひらなど広い面で触れると静電気の痛みは感じにくいです」

では、静電気を防ぐ対策方法は?

「先ほども言ったように静電気は一点から集中して一気に放電されると痛みを感じるので、体に帯電している静電気をゆっくりと放電させてあげる必要があります。ボタンやドアノブを触る前に、扉の木材部やコンクリートの壁を手のひらで1、2秒触るだけで放電は完了しますよ」

注意が必要なのは、ブレスレットなど身につけるタイプの静電気除去グッズは効果が薄いということ。直接ドアノブなどにくっつけるタイプであれば期待できる。

しかし、発生のメカニズムが理解できても、世の中に静電気が帯電しやすい人、しにくい人がいる理由はどうもわからない。着る服に気を遣い、誰かと触れてもバチバチ…気分がネガティブになることは多い。

「理由としては大きく服装、体質のふたつの要因があります。服装に関しては、合成繊維を着ると静電気が発生しやすくなってしまいます。天然素材であれば発生量を減らすことはできますが、麻とウールなどの天然素材でも摩擦が起こりやすく、素材の組み合わせによって発生しやすくなる場合もあるので完全な対策は難しいですね」

体質についても関係あるのか?

「まず、乾燥肌体質の人は静電気が逃げにくくなってしまいます。水分を多めに摂取することで改善できますが、ハンドクリームで一時的な対策も可能です。また、汗っかきの人でも、汗の中に含まれるミネラルの量が少ないと、皮膚からの放電率が下がってしまいます。野菜ジュースなどミネラルが多く含まれる水分を取ることで改善が可能ですよ」

ここで本題。静電気の発生が原因で、これまでに死んだ人はいるのだろうか。例えば、ガソリンスタンドで静電気の火花が引火して……なんて事態だ。そこで、総務省消防庁の広報に聞いてみると、意外な事実が。

「昭和34年に『ガソリンスタンドの顧客が自ら給油を行なう場合は放電プレートに触ること』という法令が定められて以降、静電気が原因で火災が起こった記録はありません。ただし、海外では静電気が原因でガソリンスタンドで火災が起こった事例もあるので、必ず放電プレートには触るようにしてください」

なんと、海外には死亡事故があった! また、静電気による直接的な影響ではないが、静電気をためやすい体質の人は健康に問題があるケースも珍しくないという。

「普段から静電気をためている人は血流が悪くなっているので、さまざまな体調不良を引き起こす可能性が高いです。肩凝りや冷え性、さらに不整脈やがんにつながることも考えられます。

さらに、体内に帯電した静電気が神経細胞を攻撃することでアルツハイマーなどの認知症を引き起こす可能性も考えられます。こまめに金属やコンクリなどに手のひらで触れて放電をしてください」(前出・堀氏)

さすがに確率が低いかもしれないが、「静電気が発生した驚きで心臓発作を起こした」事例なんてのも? これには循環器疾患専門診療所「海老名ハートクリニック」の院長・原田厚氏が答える。

「冬は血管が収縮しているため急な血圧の上昇で心臓発作が起こりやすい季節。可能性がゼロとは言えません。また、静電気によるストレスの積み重ねが冠動脈を詰まらせ、狭心症の原因になることも考えられます」

笑い話かと思っていたが、実は怖い静電気。皆さんもこの冬、対策は万全に!

(取材/黄 孟志)

■週刊プレイボーイ50号(12月1日発売)「この冬こそ静電気で死んだりしないか怯える人たちに捧ぐマジメな特集」より

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング