乃木坂46からお年玉! メンバーが年賀はがきに仕掛けたサプライズとは?

週プレNEWS / 2014年12月17日 20時0分

(後列・左から)星野みなみ、西野七瀬、橋本奈々未、秋元真夏、桜井玲香、(前列・左から)生田絵梨花、白石麻衣

もう今年も残すところあとわずか。あと半月もすれば、2015年の正月だ。正月といえば、年賀状! 今年も全国一斉に年賀状の引き受けが始まった。

15日には、東京中央郵便局のある東京・千代田区のJPタワーで日本郵便の「2015年用年賀状 引受開始セレモニー」が開催され、“年賀状親善大使”に任命された乃木坂46秋元真夏(まなつ)生田絵梨花桜井玲香白石麻衣西野七瀬橋本奈々未星野みなみが晴れ着姿で登場。子供たちとの投函パフォーマンスや「最近、全然会えてない中学時代の友達に送りたい。普段、会えない人に届けられるのもいいなと思う」(秋元)など年賀状にまつわるトークを展開した。

今年の年賀状は、住所がわからない相手でもLINEを通じて送ることができたり、スマホで簡単にデザインできる「はがきデザインキット2015」など、さまざまなサービスがあるが、注目したいのが2015年の元日から期間限定(~31日)で配信される「乃木坂46ぐるぐるAR年賀状」だ。

この「乃木坂46ぐるぐるAR年賀状」は、スマホアプリ「ゆうびんAR」をダウンロードして年賀状の宛名面にスマホをかざすと、乃木坂46メンバーの晴れ着姿やら来年の干支である羊のコスプレ姿など全8パターンの“360°ARフォト”が浮かび上がるのだ。

早速、デモ機で試してみると、年賀状を回転させるか、もしくはスマホで回りこむことで、メンバーのアクションやメッセージが見ることができた。小さくなったメンバーが年賀状の上でぐるぐると踊ったり、雪景色の中、楽しげに遊んでいたりと、まるで妖精が戯(たわむ)れているかようで、いつもの姿と違ったかわいらしさが!! しかも、ずっと回転させていると、動画のようで見ていて飽きない!

さらに、そこまでサービスするか!と驚くのは、カメラ機能。手元に年賀状がなければ見られないはずが、カシャっと残しておけば、その姿も残しておけるのだからファンにとってはたまらないはず。接写も可能なので、推しメンをセンターにして撮影しておこう。

しかもBGMは、1月7日(水)リリースのニューアルバム「透明な色」に収録されている自由の彼方』『革命の馬』の2曲をリリースに先行して採用。元日から思わぬお年玉がもらえたようで、いい新年をスタートできそうだ。

撮影では「360°撮影するので、アクティブなポージングをしていると、止まったまま回っていたのでバランスとか難しかった」(西田)そうだが、その苦労もあって高い完成度となった「乃木坂ぐるぐるAR年賀状」。ファンならずとも、年賀状を受け取る楽しみが増えそうだ。

(取材・文/週プレNEWS編集部 撮影/五十嵐和博)




週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング