電撃退社? フリー転身情報が飛び交うカトパン、その真偽を裏づける兆候とは…

週プレNEWS / 2015年1月30日 21時20分

今年、30歳を迎えることから、フリーアナへの転向が囁かれている加藤綾子アナ

人気女子アナが30歳を境に退社してしまうケースが多いことから、テレビ業界では「女子アナ30歳定年説」がまことしやかに囁(ささや)かれているが、これを巡ってひとりの女子アナに関する報道が激化している。

フジテレビのカトパンこと、加藤綾子アナである。今年4月、フジの看板を背負って立つ彼女もついに30歳を迎えるのだーー。

先日、ある週刊誌はスクープ情報として「3月フジ電撃退社」とブチ上げ、写真週刊誌では今年開催された『めざましテレビ』の新年会をカトパンが欠席したこと、人事に「もう辞めたい」と掛け合った姿を目撃したとして、フリー転身も近いと報じている。

はたして、今年3月末の退社はあり得るのだろうか…? だが、フジテレビ関係者がこう話す。

「う~ん、3月末の退社は現実味がないように思います。彼女は人気番組を多く担当していますし、降板するなら昨年末にはCMクライアントに説明しておかないといけない。そうなると、さすがにこの時期には局内でも情報が出回っているはずなんですが、まだ聞いたことがありません」

実際、局員や関係者に渡される4月改編後の番組編成表を見ても、『めざましテレビ』の出演者欄には「加藤綾子」の名前が記されている。

とはいえ、カトパンがフリー転身を視野に入れているのは間違いなさそうだ。実はここ最近、出演番組でフリーについて触れる機会が増えているのである。

1月7日放送の『ホンマでっか!? TV』では、当たると評判の台湾の占い師を訪れ、共演者から促されるカタチで「フリーになったら成功するか?」と質問。肯定的な占い結果が出ると、彼女は満面の笑みを浮かべていた。

また、昨年末のクリスマスに放送された『ユミパンSP』では、カトパンのほか生野陽子アナ、松村未央アナ、山﨑夕貴アナ、三上真奈アナが出演。

その際、YESだったらボタンを押すトータライザーを使った匿名アンケートが行なわれ、彼女たちに対して「フリーになりたいと思っている?」との質問が浴びせられたのだが……YESがふたり。その結果を見た女子アナたちは一斉にカトパンに視線を向けたのだ。

「共演のお笑い芸人からも『カトパンだろ~』とツッコまれていましたが、彼女は強く否定をしませんでした。同僚アナたちの反応を見る限り、カトパンからフリー転身についてなんらかの話があったのではないでしょうか」(女子アナウォッチャー)

カトパン退社のXデーは、そう遠くはなさそうだ。

●加藤綾子(かとう・あやこ)




1985年4月23日生まれ、埼玉県出身。国立音楽大学卒業。2008年にフジ入社。現在の担当番組は『めざましテレビ』『ホンマでっか!? TV』など。昨年10月、『めざましテレビ』本番中に体調不良で倒れるなど、激務よる勤続疲労で体力が限界に来ているという話も

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング