日本初! 月給18万円で愛知県庁に雇われた“アメリカ人忍者”のニッポン愛とは

週プレNEWS / 2016年5月29日 6時0分

「石川五右衛門みたいなニンジャになりたい!」と語るクリス・オニールさん

昨年、愛知県が観光PRのため発足した「徳川家康と服部半蔵忍者隊」。今年3月に新メンバーの募集をしたところ、なんと約200名もの外国人が応募に殺到したという。

「月給18万円、社会保障完備」という募集要項で、事務局によると「40以上の国と地域から応募があり、特にアメリカ、ロシア、イタリアが多かった」とのこと。中にはマーシャルアーツの世界王者や『シルク・ドゥ・ソレイユ』のメンバーまでいたという。

その狭き門の難関を唯一、外国人で突破したのがクリス・オニールさん(29歳)。そこで、愛知県に仕える日本初のアメリカ人忍者を直撃、深すぎる〝日本愛〟を語ってもらった。

■アメリカ人忍者が惚れた日本人の美徳

クリス オハヨウゴザリマスル!

―お、おはようございます。

クリス これ、最近覚えた“ニンジャコトバ”。実は日本には通算で2年ほど過ごしていて、日常会話ならある程度はできるんですが、ニンジャコトバはまだまだ勉強中です。

―日本に来たきっかけは?

クリス 僕は親の仕事の都合で4年ごとに違う国へ引っ越す子供時代だったのですが、『NARUTO』『るろうに剣心』といった日本のアニメによって、小さい頃からずっと忍者や侍などの日本文化に憧れを持っていました。

そして16歳の時に親元を離れると、すぐに日本を訪れ、東京と名古屋で過ごした後、香港に行きました。そのまま日本に定住したかったけど、その時持っていたのは観光ビザで、3ヵ月経過したら出国しなきゃいけなかったんですよ。

だからその時、最も渡航費が安い国にいったん移動して、1、2週間でビザを更新してから日本に戻って、3ヵ月後にまた違う国へ、という生活を2年以上、続けました。その後はアメリカの大学に通いましたね。

―そこまで日本が好きなのはなんで?

クリス いっぱいあるけど、何よりも“日本人が好き”。例えば、ある日、富士山を見ようと静岡の御殿場市に向かいました。でも、電車を乗り間違えて宿がない駅で終電になってしまった。辺りは真っ暗で、雨も降り、傘がなかったのでびしょ濡れ。重い荷物を抱えて1時間半ぐらいホテルを探したけど、見つからない。

それで、橋の下で雨宿りしながら「もうここで野宿しようかな」と覚悟も決めていた。でも、通りかかったある男性がカタコトの英語で話しかけてきた。そして「ついてこい」と僕の頭上に傘を差して、近くのホテルにまで連れていってくれた。彼から部屋のカギを渡された僕は、疲れきっていて、何も考えずにそのまま部屋で熟睡しました。

翌朝、フロントへ行くと、昨晩の男性が宿泊代も支払ってくれたことがわかったんです! それまでの人生でこんな親切な人には出会ったことはありませんでした。

もちろん、これほどの話はそうないけど、日本では小さな、ありがたい出会いが毎日のようにあった。そのたびに日本への愛情が強くなるのを感じました。

―では愛知県の忍者募集はいつどこで知ったんですか?

クリス 3月の下旬、東京にいる時、友達から「この記事、見てよ。日本で忍者を募集しているよ!」というメールが来た。その後、香港、フランス、アメリカ、世界中の友達が次々と僕に忍者募集のことを伝えてきた。彼らは皆「あなたの夢の仕事でしょ?」と言いました。それで本気でこの仕事のことを考えました。

忍者隊事務局・青木孝嗣(たかつぐ)(以下、青木) フランスのAFP通信がこの忍者募集を記事にして、それが世界中に広まったようです。でも、こちらも外国人の応募は想定していなかったので、海外からの反響を受けて、急いで英語の募集要項をフェイスブックの公式アカウントに上げたんです。

クリス 僕がそれを見つけたのが、申し込み期限の当日! だから、全速力で忍者募集の申し込みをしなきゃいけなかった。でも、完璧なモノを送りたかったから、辞書を見ながら全部、日本語で記入しました。本当に締め切りギリギリだった。

―応募した235人のうち200人が外国人だったそうですね。

青木 でも、名古屋でのオーディションにまでたどり着いたのはクリスを含め4人だけでしたね。まず「渡航費は応募者持ち」をクリアできない方がたくさんいたんです。

また「月給18万円」「通勤1時間以内の場所に居住」という条件も厳しかったようです。ある外国の方のメールには「忍者には本当になりたいんだ。でも、そんな給料じゃ日本で暮らせない!」と書かれていましたね…。

―クリスさんはオーディションで、どんなアピールを?

クリス 子供の時から修練し続けた「マーシャルアーツ」の実技を披露したり、映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』のスタントマンを経験したことや、昨年まで香港ディズニーランドでマーシャルアーティストだったことをアピールしましたね。

―すごい経歴じゃないですか! それであの見事なジャンプなんですね!(『週刊プレイボーイ』21号の写真参照)

クリス ただ、面接は戸惑いましたね。日本語の質問にうまく答えられなくて。

青木 キチンとした日本語で申し込んでいたから、会話もできるのかなと思っていたけど…面接してみると「あれ?」って感じで。

クリス 「日本の歴史をなんでもいいから語ってみて」と聞かれたのも面食らいましたよ。でも、すぐに気を持ち直して「宮本武蔵」について語りました。もちろん、英語で(笑)。

―では最後に、憧れの忍者がいれば教えてください。

クリス イシカワゴエモン!

―五右衛門は盗賊では?

クリス 五右衛門はもともと忍者だったという伝説があるんですよ! 彼のような“弱きを助け、強きを挫(くじ)く”生き方に憧れています。

子供の頃からずっと世界を転々としてきて“帰る家”がない僕にとって、1年(*)だけかもしれないけど、居場所ができたことがすごく嬉しい。忍者として全力で愛知をPRします!

(*)愛知県が忍者隊メンバーと結んだ契約は1年

(撮影/新井 亮 通訳/小林祥子[キャリアバンク])



●クリス・オニール(Chris O’Neill)

1986年12月生まれ。29歳。アメリカ人。映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』のスタントマン、香港ディズニーランドのマーシャルアーティスト、「EXILE」のミュージックビデオのバックダンサーなどを経て、今年4月に「徳川家康と服部半蔵忍者隊」のメンバーに

●忍者名 天(そら)

イギリス人航海士ウィリアム・アダムスの守護者だったが、アダムスが徳川家康の外交顧問として仕えたことをきっかけに、徳川直属の忍者になり、家康から「天」の名を授かった……という架空の人物。必殺技は「天遁(てんとん)! 神速斬(しんそくざん)の術!」。高く跳び上がり、目にも止まらぬ速さで敵を斬りつける技で、天が自ら考案したらしい

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング